告別式の時間はどれくらい?一般的な流れ・時間帯&家族親族と参列者のスケジュール

告別式の流れ 一般知識・マナー

故人を供養し送り出す告別式は、斎場に到着してから出棺までにさまざまなことを行うため、どれくらい時間が掛かるのかわかりにくいですよね。

告別式の所要時間がわかっていると、葬儀全体のスケジュールが立てやすく、予定を伝えたりお手伝いをお願いするときにも役立ちます。

今回は、告別式に掛かる時間について、告別式の内容や具体的なスケジュールを交えながら詳しく紹介します。

告別式の所要時間は約2時間

供花

告別式の所要時間は、法要から出棺までを考えると2時間ほどが目安です。

例えば、11時から告別式がある場合、僧侶による法要から喪主の挨拶までが11時00分から12時30分、出棺前の儀式から出棺までが13時00分というスケジュールになります。

 

しかし、実際には故人との最期のお別れに時間を掛けたり、出棺前のご挨拶のあと火葬場へ向かう準備で少し時間が掛かりますので、30分ほど余裕を持って時間をみておくと良いでしょう。

特に、故人の家族・親族は、告別式の前後に打ち合わせをしたり葬儀社と相談することもありますので、所要時間を約3時間から3時間半はみておいてください。

告別式の一般的な流れ

葬儀の焼香台と仏具

告別式では司会者が流れに沿って式を進めていきますが、告別式の流れがわかっていると時間を読みやすく、司会の人との打ち合わせにも役立ちます。

この章では告別式の基本的な流れについて、一般的な告別式を例に次の順で紹介します。

  1. 受付
  2. 着席
  3. 僧侶入場
  4. 告別式開式
  5. 読経・焼香
  6. 弔電紹介
  7. 喪主挨拶
  8. 花入れ
  9. 出棺準備
  10. 出棺・見送り

流れ①:受付

告別式で最初に行われるのは受付です。

斎場に着いたら受付に行き、芳名帳へ記入してお香典を渡しましょう。

 

その際にお悔やみの言葉を掛けますが、あまり長く話をすると後からくる参列者に時間が掛かり、開始時間がズレてしまうこともあります。

特に、故人に人脈があり多くの人が参列する場合、受付だけでも30分で済まないこともありますので、受付は速やかに済ませて着席するようにしましょう。

流れ②:着席

受付を済ませたら会場内に入り着席します。

故人の家族・親族の人は最前列から2列目までに着席しますので、3列目あたりからを目処にして空いている席を見つけて着席しましょう。

 

この際に気をつけなければならないのは、案内係に従って席を詰めて座ることです。

参列者がまばらに着席しているのはあまり好ましい状態ではないため、案内係の人から「前へどうぞ」と声を掛けられたら席を移動し、できるだけ詰めて座るようにしてください。

流れ③:僧侶入場

受付の流れが落ち着き故人の家族・親族が着席したら、法要を行う僧侶が入場します。

僧侶が斎場へ到着したら葬儀社の人が控え室に案内しますので、喪主は一度控え室へ出向きご挨拶をしましょう。

家族・親族が着席し、僧侶が入場して準備が整ったら告別式が始まります。

流れ④:告別式開式

告別式の開式は、司会の人のアナウンスから始まります。

始まりの言葉は葬儀社によって異なりますが、故人の人柄や経歴などを交えて始まりの言葉を述べるケースも少なくありません。

内容が気になるようなら、事前に司会と打ち合わせをして話す内容を確認してみると良いでしょう。

流れ⑤:読経・焼香

開式の言葉のあと、最初に行われるのが僧侶による読経と焼香です。

最初に僧侶が経典を読み、一つの区切りがついたところで司会の人から焼香を促す案内があります。

 

焼香は故人に近しい家族から順番に行われますが、司会の人が丁寧な案内をするため、その指示に従って焼香をすれば大丈夫です。

参列者が多いときには焼香台が複数用意されるため、自分がどの焼香台へ行くべきなのか迷う人もいます。

焼香の案内がされたら、順番ややり方をよく聞いておき、スムーズに焼香できるよう注意しましょう。

流れ⑥:弔電紹介

読経と焼香が終わったら、司会の人から弔電紹介があります。

弔電は送ってくださった人の名前と内容を読むことが一般的ですが、数が多い場合には幾つかの弔電を内容まで紹介し、その他の弔電は名前だけの紹介になります。

 

さらに、弔電紹介の流れから、花輪や供花・供物を紹介することも多いです。

頂いた弔電や花輪などが多数あるときは、司会の人と事前に打ち合わせをして、紹介する弔電の指示や紹介の仕方なども決めるようにしましょう。

流れ⑦:喪主挨拶

弔電の紹介が終わったら、喪主から参列者へご挨拶をします。

喪主の挨拶は長くても3分以内、できれば2分ほどで収めるのが理想的です。

400字詰の原稿用紙1枚半から2枚程度にまとめると、ちょうど良い長さの挨拶になります。

 

不安がある場合は、書いてある原稿を読む形でもまったく問題ありません。

落ち着いて挨拶をすることが一番大切ですので、自分に合った方法を取るようにしましょう。

流れ⑧:花入れ

花入れとは、故人が眠る棺の中に花を入れてお別れをする儀式です。

葬儀社の人が準備した花を一人ひとりが手にとり、棺の中へ納めて故人と最期のお別れをします。

故人の姿を拝見できる本当に最期の機会になるので、なかなか棺から離れられなかったり泣き崩れる人も少なくありません。

 

告別式の時間は多少の余裕を持って予定されていますが、あまり長引くと出棺の時間に響きます。

多くの人が故人と最期のお別れができるよう譲り合って花入れの儀式を行なってください。

流れ⑨:出棺準備

花入れの儀式が終わったら、参列者は案内にしたがって霊柩車が待機している場所へ移動します。

家族と親族は棺の蓋を閉じ、数人で棺を抱えてゆっくりと霊柩車まで進みましょう。

 

このときに決めなければならないのが、ご位牌を持つ人と遺影を持つ人です。

ほとんどの場合は、

  • ご位牌:喪主
  • 遺影:長子(故人の一番最初の子ども)

がそれぞれを持ちます。

ご位牌と遺影を持つ人は棺と一緒に霊柩車で移動しますので、遺影を他の家族が持つこともあります。

出棺準備は少し慌ただしくなりますので、出棺の段取りはできるだけ事前に話し合っておきましょう。

流れ⑩:出棺・見送り

霊柩車に棺を乗せたあと、故人の家族から参列者へ向けてもう一度お礼の挨拶をします。

喪主がすでに告別式で挨拶をしているのなら、出棺時の挨拶は他の家族で問題ありません。

 

もし、誰がどのタイミングで挨拶をするのか迷うときは、葬儀社の人と相談して決めておくようにします。

ご位牌と遺影を持つ人は霊柩車へ、それ以外の家族・親族はレンタルしたバスや自家用車に乗り込みます。

霊柩車が出発するときにクラクションが鳴りますので、参列者は手を合わせて見送りましょう。

家族・親族のタイムスケジュール

葬儀の祭壇と花

告別式の時間は、参列者と家族・親族によって少々異なります。

この章では、家族・親族のタイムスケジュールを次のような流れで詳しく紹介します。

  1. 告別式の1時間前に集合
  2. 受付・案内
  3. 告別式
  4. 出棺準備
  5. 出棺

ステップ①:告別式の1時間前に集合

故人の家族・親族は、告別式の前にその日の段取り役割分担、打ち合わせを行わなければなりません。

そのため、告別式の1時間前、できればもう少し早く斎場へ集まるようにします。

例えば、告別式が10時00分からなら、9時00分に集合、11時00分からなら10時00分に集合します。

 

また、この目安時間とは別に、葬儀社の人から集合時間を相談されることがあります。

例えば、届いた弔電や花輪の確認をしたり、会葬礼状と礼品をどのくらい用意するかなど、細かい打ち合わせがあると相談時間を取らなければなりません。

告別式の1時間前が目安ですが、特に故人と近しい家族の場合は、もう少し早く斎場へ到着するようにしましょう。

ステップ②:受付・案内

告別式の30分前になると、受付と会場への案内が始まります。

早い人だと40分以上前には斎場に着きますので、案内役の人はできるだけ早く受付にいるようにしましょう。

 

受付の人も告別式参列しますので、5分前を目処に会場へ入り着席しなければなりません。

時間ギリギリに到着する人もいるのでタイミングを見計らい、人の波が切れたところで香典をまとめて着席してください。

ステップ③:告別式

予定時刻になったら僧侶が入場し、告別式が始まります。

告別式に掛かる時間は平均すると約2時間ですが、お葬式の種類や規模によっては時間に違いあります。

 

告別式は司会の案内に沿って行われるため、特に問題ありません。

用意されている席の最前列が家族・親族の席なので、事前の打ち合わせのときにスムーズに着席できるよう座る場所を確認しておきましょう。

ステップ④:出棺準備

出棺の準備では、家族・親族で役割を分担します。

出棺の準備は約15分ほどですが、告別式前の打ち合わせのときにある程度荷物をまとめているのであれば、もう少し時間が短くなります。

 

棺を持つのは主に男性なので、6人から8人の男性をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

喪主がご位牌を、長子やそれに続く家族が遺影を持ちますが、それ以外の家族・親族が手荷物を手分けしてまとめます。

 

受付の人は、香典と芳名帳をまとめ、斎場に預かってもらいましょう。

その他の人はバッグやコートなどをまとめて持ち、用意されているバスや火葬場へ向かう自家用車に積んでから出棺の場所へ並んでください。

ステップ⑤:出棺

参列者へ出棺前のご挨拶をしたら、それぞれがバスや自家用車へ乗り込み出棺します。

最初に霊柩車が出発し、その後ろにバスや自家用車が続く形になので、運転する人は事前に地図の把握をしてください。

万が一に備えて道路状況を確認しておき、迂回路などもチェックしておくと良いでしょう。

参列者のタイムスケジュール

斎場の白菊

告別式に参列する人は、告別式に遅れないようなタイムスジュールを組まなければなりません。

ここでは、参列者のタイムスケジュールについて、次のような流れで詳しく紹介します。

  1. 告別式の30分前に到着
  2. 受付
  3. 告別式
  4. 花入れ
  5. 出棺見送り

ステップ①:告別式の30分前に到着

参列者は告別式の30分前には斎場へ到着し、速やかに受付をしなければなりません。

喪服やバッグ・数珠・香典・靴などは前日に揃えておき、当日慌てないよう準備をしてください。

 

また、当日の天候によっては公共交通機関や道路状況などが悪く、予定通りの時間に斎場へ着かないこともあります。

天気予報や移動手段をしっかり確かめ、告別式の30分前には到着するようにしましょう。

ステップ②:受付

参列者の受付自体は2分から3分も掛かりませんが、注意が必要なのが香典を預かってきた場合です。

例えば、出席できない友人のお香典を預かって一緒に渡す場合、芳名帳には自分の住所・氏名の他に友人の住所・氏名を書かなければなりません。

 

預かってきた香典に住所と氏名が書かれてあれば氏名だけでも大丈夫ですが、書かれていないと香典返しを用意するときに故人の家族が困ってしまいます。

もし誰かから香典を預かっていて受付で一緒に渡すときは、預かるときに住所・氏名が記載されているかを相手に尋ねておき、受け取った家族が後からわかるようしておきましょう。

ステップ③:告別式

告別式の法要や儀式は、すべて司会の人の案内によってスムーズに進みます。

告別式は厳粛な儀式なので、式が始まる直前には携帯をマナーモードにしておき、式の最中に迷惑をかけないよう気をつけてください。

体調不良や何らかの理由で途中退出するときは、目立たないように席を立って葬儀社の人に一言伝えてから退出します。

 

どれだけ目立たないように気をつけても、家族・親族の方は気づくことが多いです。

そのため、葬儀社の人に伝言をお願いしたり、後からお詫びの連絡をしたりするようにしましょう。

ステップ④:花入れ

花入れの儀式は、参列者一人ひとりが棺の中へ花を入れるため、全体的にみると15分ほどは掛かります。

参列者が多いとそのぶん時間が掛かりますので、お互いに気を配って最期のお別れをしましょう。

 

花入れが済んだ参列者から順番に会場を出て、出棺のために待機している霊柩車の場所へ移動します。

家族・親族が出棺準備を行なう15分ほどの間が待機時間なので、所用がある場合は手早く済ませておきましょう。

ステップ⑤:出棺見送り

出棺前の最後のご挨拶のあと、火葬場へ向かう家族・親族を見送って参列者の告別式は終了です。

霊柩車から出棺の合図が出されたら手を合わせ、静かに霊柩車を見送りましょう。

 

斎場へ向かう時間は参列者によって異なりますが、告別式が終わった参列者は一斉に帰宅の途につきます。

斎場が都心部から離れているとタクシーを拾うことも難しく公共交通機関も遠いというケースも多いので、行き帰りに使う移動手段をよく確認しておきましょう。

告別式の時間の注意点・マナー

腕時計を見て悩む女性

告別式のあとには火葬の予約時間があるので、告別式は時間どおりに進めなければなりません。

告別式を滞りなく行うためにはどのような注意点・マナーがあるのか、押さえておくべきポイントを紹介します。

注意点・マナー①:親族は早めに集まる

故人の近しい家族は早い時間から告別式の会場に到着しますが、親族もできるだけ早く集まりお手伝いを申し入れることがマナーです。

告別式で担う役割は受付や案内役だけではなく、

  • 親族控え室のお茶出し
  • 届いた弔電や花輪・供物の確認
  • 足りない物の買い出し

など、細々とした用事がたくさんあります。

 

また、告別式後の火葬場では1時間半ほどの待機時間があります。

そのときに必要なお茶やお菓子の用意も事前にしておかなければなりません。

 

故人の臨終からお通夜までを過ごした家族は大変疲れた状態です。

少しでも楽になるよう早めに集まりお手伝いをしましょう。

注意点・マナー②:参列者は30分前に集まる

告別式の受付は予定時刻の30分ほど前から行われるため、参列者はその時間に合わせて少し早めに集まることがマナーです。

「受付はすぐ終わるのに?」と思われるかもしれませんが、受付の人も告別式に参列するため、予定時刻の5分前には受付を離れます。

 

受付を離れるときは、預かった香典をそのままにはできないため、受付を離れる前にまとめて保管しなければなりません。

このような時間も換算すると受付時間は割と短いですし、告別式の開始時間ぎりぎりで受付をするとその分受付役の人が遅くなってしまいます。

 

告別式に参列する人はできるだけ受付の開始前には斎場に到着するよう心掛け、告別式の時間に影響が出ないよう気をつけましょう。

注意点・マナー③:遅刻しない

告別式の時間で最低限守らなければならないのは遅刻をしないことですが、交通状況やアクシデントによりどうしても遅刻になってしまうこともあります。

では遅刻をしてしまった場合はどのような対応をしなければならないのでしょうか?

遅刻してしまう際のマナーを紹介しましょう。

読経前なら速やかに着席する

遅刻が5分ほどでまだ僧侶の読経が始まっていないようなら、速やかに会場へ入り着席します。

このときに注意しなければならないのは、できるだけ目立たないように行動することです。

会場に入ったら入り口近くの空席に着席し、厳粛な雰囲気を壊さないように気をつけましょう。

読経中なら葬儀社の人に相談

すでに読経が始まっているときには、まず葬儀社の人に相談してください。

大きな斎場になると各会場ごとに扉が閉められているため、勝手に開けて入ると空気を乱すことになります。

葬儀社の人に相談し、入れるようなら案内にしたがって会場に入りましょう。

30分以上の遅刻は斎場へ連絡

告別式の開始時間から30分以上遅刻する場合は、斎場へ連絡して故人の家族・親族へ伝言をお願いします。

家族の携帯電話へ連絡しても良いですが、告別式の準備に入るころにはマナーモードにしているケースも多く、チェックが遅れる可能性があります。

斎場へ連絡して告別式の進行状況を確認し、少しでも参列できるようなら急いで斎場に向かいましょう。

まとめ

法要に参列する人々

告別式は厳粛な空気の中で静かに進められていきますが、それを行うためにはしっかりとしたタイムスケジュールと時間厳守が必要です。

予定されている時刻よりも早めに動くことを心掛け、心に余裕を持って告別式を行えるようにしましょう。

この記事を監修したのは、