インタビュー

決め手は「資料の分かりやすさ」と「丁寧さ」でした

I・Nさん

まずは今回のサービス利用背景やご家族構成について教えてください。

はい。父、母、姉、私の4人家族で、父は12年前に他界しており、4月に母が亡くなったことによって相続が発生し、そうぞくドットコムさんを利用するかたちとなりました。

母名義の実家の家と土地で、12年前に父から母へ名義変更したものを、今回は母から子である私と姉に名義変更が必要となりました。

少し遡りますが、12年前のお父様の相続では、どのような方法で手続きを行ったのでしょうか?

次女である私が1人ですべての手続きを行いました。

当時、母は細かい手続きが苦手で、姉も仕事で動きがとれなかったため、手続きのやり方を調べるところから、私が1人で行いました。

最初は専門家の方に依頼しようかなと思っておりましたが、ひと通り調べた結果、気軽には依頼できない費用がかかるということが分かりました。
そこで「なんとか自分でやってみよう!」という思いで、法務局へ足を運びました。結果的に自分で名義変更を無事終えることができたのですが、本当に大変でした。

具体的に、どのような点が「大変」だったのでしょうか?

まず私たちの場合、父の病気の進行が早かったものですから、看病で手一杯になってしまっていて、事前準備が何もできておらずゼロからのスタートでした。

いざ手続きを始めてみると、とにかく分からないことだらけで、質問するために区役所や法務局に何度も足を運びました。

また「これで大丈夫」と思って書類を提出したら「必要書類が足りない」と言われて出し直しになったり、大変でした。

さらに、不動産の名義変更に加えて、銀行・株式などの手続きも同時並行で進めていたので、大変でした。その当時は私も仕事をしていて、時間と体力勝負でした。

手間がかかったという意味で、特に印象に残っている手続きはありますか?

やはり役所関係の手続きです。特に戸籍の取得ですね。

複数の役所へ、直接足を運んでやっとのことで戸籍類を集めました。

亡くなった父が過去にどこからどこへ転籍しているのか、母ですらうる覚えだったので、自分で戸籍を読んでみて、遡って調べていきました。

戸籍によっては、古いもので手書きのものも何枚かあり、そもそも文字が読めなかったり、読めても意味が分からなかったり、結局役所で聞いたりと手間がかかりました。

今回の相続手続きで、そうぞくドットコムを利用された理由を教えてください。

価格の安さもありますが、最終的な決め手は「資料の分かりやすさ」と「丁寧さ」ですね。

元々、母の手続きではどこかにお願いしようと姉に相談していました。現在私は身体障害者のため、12年前の父の手続きの時のように外出することは困難だったので。

またそれに加えて、12年も経っているので、法律的な部分でも、手続きのやり方が変わっているのではないかという懸念もありましたね。

それをまたゼロから調べて、というのは大変だと思ったので、どこかに依頼しようと考えていました。

できれば10万円以内くらいで、手続きができそうなサービスや業者さんを探しました。

インターネットで探し始めたのですが、たくさんのサービスがあるので、どこが良いか、信用できるのか、決めかねておりました。

正直に話すと、そうぞくドットコムさんの他に、2つのサービスへ資料請求や問い合わせを行っていました。

いくつかの面を比較した結果、そうぞくドットコムさんは、電話対応が丁寧で、また資料請求したら資料がすぐ届き安心しました。

さらに、資料の内容を拝見したら、サービス内容や価格が非常に分かりやすく、「こんなに丁寧に作られているの⁉」と感動しましたね。そこで、利用してみることに決めました。

実際に利用してみて「非対面の完全Webでの手続き」に、不安はありませんでしたか?

対応してくださったオペレーターの方の、電話やメール対応がとても丁寧だったので、不安に感じたことはありませんでした。

私は身体障害者で、コロナ禍だということもありますので、むしろ、外出しないで、Webだけで手続きが進められるのはメリットだと感じました。

12年前のご自身で行った手続きと比較して、「利用して特に良かったこと」などがあれば教えてください。

そうですね、「外出しないで手続きを終えられたこと」が、1番楽になった点です。

先ほどもお話しした通り、父の手続きの時は、相談、申請、書類の受け取りなどで、法務局だけでも何度も足を運びました。

今回のように、一度も法務局に行くことなく、手続きが終えられるのはとてもありがたかったです。

また、書類の作成が簡単にできるのも助かりました。

父の時は、全て自分でネットで調べながら作成したので「間違えて、差し戻し」になり、二度手間になったりもしましたが、今回はミスなく書類を作成することができました。

作成についても、必要情報を入力・確認するだけで自動で作成されたので、とても簡単でした。

実際に書類作成に使った時間は10分程度だった記憶があります。姉も「こんなすごいサービスがあるんだね」と驚いていましたよ。

ご両親の相続を経験されて、今後、ご自身の終活に関して何か考えていることはありますか?

そうですね。本人(ご両親)から聞いていた話と、実際の状況がかなりかけ離れていることを経験したので、生前に自分の財産や情報について整理をしておくことは、残された人のことを考えると大事だと思いました。

少し話は逸れてしまうのですが、実は以前に、私の夫の父親の相続手続きも経験したんですね。

夫の父は本当にきちんとした方で、生前に自分の情報についてコツコツと日々更新しながら、書類等も全てクリアファイルに綺麗にファイリングしていました。

加えて、遺言書も用意されていたので、すごくスムーズに相続手続きが進みました。

その経験から、いずれは自分も遺言書の作成を考えてはいますが、いざ遺言書を書くことはなかなかハードルが高いですよね。

法律的な要点を抑えて、正しく書かないと意味のないものになってしまうということも聞きますし、これまた費用もかかると思っています。

なので例えば、「インターネットで気軽に遺言書を作成出来るサービス」などがあったらいいなと純粋に思います。そうぞくドットコムさんからそういったサービスができたりしないですかね、期待しています。

全てのインタビューを見る