【立場別】告別式の挨拶は例文を参考に!禁句などのマナーと注意点も

告別式の挨拶 一般知識・マナー

告別式は、生前の故人と社会的つながりを持つ人たちが、故人を偲んでお別れをする大切な儀式です。

最近では、葬儀と告別式が一連の流れを行われることも多く、故人が務めていた会社や町内会の役員、趣味などで親しくお付き合いのあった人が挨拶をすることも増えました。

 

告別式の挨拶は、生前の故人の様子を暖かな言葉で遺族に伝え、お悔やみとともにお別れをするという大切な役割があります。

今回は、告別式にふさわしい挨拶の基本構成や挨拶例文、告別式の挨拶の注意点やマナーについて詳しく解説していきます。

告別式の挨拶の基本構成

原稿用紙と鉛筆

告別式の挨拶を考えるとき、話すべき内容や相応しい言葉選びに迷うことも多いですね。

告別式の挨拶は、文章の基本構成を知っておくと比較的スムーズに原稿を作成できます。

ここでは、告別式の挨拶の基本構成を詳しく解説していきます。

  1. 遺族へのお悔み
  2. 故人との関係性
  3. 故人の社会的功績
  4. プライベートな思い出
  5. 感謝の言葉

構成①:遺族へのお悔み

告別式の挨拶で最初に行うことは、遺族にお悔やみの言葉を伝えることです。

告別式の挨拶は遺族以外の人が行うケースが多いため、遺族への思いやりを込めて次のような言葉でご挨拶しましょう。

この度は、〇〇様のご逝去に心よりお悔やみを申し上げます。ご遺族におかれましては、さぞお力を落とされていることでしょう。

また、告別式で喪主や遺族の人が挨拶をするときには、遺族からみなさまへ向けて次のような言葉でご挨拶を始めましょう。

この度は、亡き〇〇(続柄・故人の名前)のためにたくさんの方にお集まりいただき、誠にありがとうございます。多くの人に見守られての旅立ちに、故人もきっと喜んでいることでしょう。故人に代わりまして深く御礼申し上げます。

構成②:故人との関係性

遺族へのお悔やみを述べたら、次は告別式の挨拶をする人と故人の関係性をお話しします。

告別式で挨拶をするときは、最初に司会者から「〇〇様よりご挨拶を頂きます」というような紹介がありますが、名前だけでは故人とどのような関係性があるのかはっきりしません。

故人との関係性が明らかになると挨拶の内容がより心に響きますので、故人との関係性が明らかになるような文章にしましょう。

具体的な例文は次とおりです。

私が故人と初めて出会ったのは、〇〇年の入社式でした。同期として入社後同じ部署に配属され、以来故人と切磋琢磨しながら仕事にはげんでおりました。お互いに会社を勤め上げて定年いたしましたが、その後も月に何度かは連絡を取り合い、良き友人としてお付き合いをさせて頂きました。

構成③:故人の社会的功績

次に、故人の社会的功績について紹介する形で述べていきます。

社会的功績というと難しく感じるかも知れませんが、簡単にいうと次のような内容です。

  • 故人の仕事の歴史
  • 故人のボランティア活動の功績
  • 故人の趣味などの成績
  • 故人の社会的な良い評判
  • その他の良い業績など

告別式にはさまざまな人が参列していますので、生前の故人がどれだけ素晴らしい人であったかという点を意識してみましょう。

具体的な挨拶例文は次のとおりです。

故人は文房具メーカーの開発室に席を置き、使いやすさにこだわった素晴らしい商品をたくさん世に送り出しました。開発された文房具の中にはヒット商品になったものも多数ありますが、故人は決してそれに甘んじることなく、誠実に仕事に取り組まれていたことがとても印象的に残っています。そんな故人の元にはたくさんの人が集い、人望も厚く素晴らしい人でした。

構成④:プライベートな思い出

社会的功績の後は、告別式の挨拶をする人だけが知っている故人のプライベートな思い出を話します。

簡単にお伝えすると、故人とのプライベートな思い出話です。

故人の人柄が伺えるような内容だと遺族や他の参列者にも共感を得られるため、ささやかでも懐かしさを覚えるような思い出を語りましょう。

具体的な挨拶例文は次のとおりです。

故人は仕事に対する姿勢は厳しい人でしたが、プライベートな席では朗らかで親しみやすく、たくさんの人から慕われていました。悩み事を相談したら親身になって聞いてくれたり、ときには自分のことのように怒ってくれるなど、とても心が暖かく頼りになる人でした。

構成⑤:感謝の言葉

告別式の挨拶の最後は、故人への感謝の気持ちで締めくくります。

文章の最後にもう一度お悔やみを述べると締めくくりやすくなります。

具体的な挨拶例文は次のとおりです。

故人のご逝去は大変悲しいものですが、ともに過ごした月日はとても素晴らしい思い出です。〇〇様、本当にありがとうございました。最後にもう一度、ご遺族の皆様にお悔やみを申し上げてご挨拶とさせて頂きます。この度はご愁傷様でした。

遺族から参列者に向けての挨拶では、葬儀のときと同じように参列頂いたことへの感謝の言葉で締めくくります。

具体的な挨拶例文は以下の通りです。

亡き〇〇(続柄・故人の名前)とのお別れは大変悲しいものですが、ともに過ごした思い出を胸に、家族で力を合わせて頑張っていきます。この度はたくさんの方にご参列を頂き、誠にありがとうございました。

告別式の挨拶例文

祭壇に飾られた白菊

続いて、告別式の基本的な挨拶例文を、挨拶する人の立場別に解説します。

告別式では、故人に所縁のある人がそれぞれの立場から挨拶をしていきますので、挨拶の内容も微妙に変化していきます。

自分が告別式で挨拶をするときはどの立場になるのかを照らし合わせて、告別式の挨拶を考えるときの参考にしてください。

基本の挨拶例文

まずは基本の挨拶例文をご紹介します。

先に説明した通り、告別式の挨拶は次の順番で文章を構成すると、挨拶を聞く人にもスムーズに内容が伝わります。

  1. 遺族へのお悔やみ
  2. 故人との関係性
  3. 故人の社会的功績
  4. プライベートな思い出
  5. 感謝の言葉

もし文章を作成する上でどうしてもイメージが掴めない場合は、次の挨拶例文を参考にしてみてください。

  1. この度は、〇〇様のご逝去に心よりお悔やみ申し上げます。遺族の皆様におかれましては、さぞお力を落とされていることでしょう。
  2. 私は〇〇様と同じ大学の同期で、卒業後も親しくお付き合いをさせて頂きました。お互いの結婚式にはスピーチをお願いし合い、家族が増えてからも一緒に旅行をしたりなど楽しい時間を過ごしました。
  3. 〇〇様は△△会社にお勤めでしたが、その仕事ぶりは大変真摯で上司からの覚えも良く、多くの人に慕われていました。また忙しい中でもお子さんのスポーツ活動には積極的に参加し、子煩悩な人であったという印象があります。
  4. 公私ともに忙しい人でしたが〇〇様大変な読書家で、手元にはいつも本がありました。とくにミステリーが好きで、大学時代には好きなミステリーの舞台となった地域を一緒に旅行したり、おすすめの本を教えて頂きました。私が読書を好きになったのも〇〇様のおかげです。
  5. 〇〇様がご逝去され、もう本の感想を伝え合うことが出来ないのはとても悲しいことですが、〇〇様と過ごした年月はとても良い思い出です。〇〇様、本当にありがとうございました。最後にもう一度、遺族の皆様にお悔やみを申し上げご挨拶とさせて頂きます。この度はご愁傷様でした。

夫が挨拶する場合

妻の告別式の場合、夫が挨拶を行います。

夫は喪主でもあるので葬儀でも挨拶を行いますが、告別式で話す内容は大幅に変えなくても大丈夫です。

ただし、喪主は遺族の立場になるため、基本構成の1は「参列者へのお礼」、基本構成の5を「遺族の思い」へ変更します。

告別式は「社会的につながりがあった人へ向けたお別れ」になりますので、できれば内容も亡くなった妻の社会的功績に重きを置くようにしましょう。

 

告別式で夫が挨拶する場合の例文は次のとおりです。

  1. 本日はお忙しい中、亡き妻〇〇(故人の名前)の告別式にご参列を賜りまして、誠にありがとうございます。生前お世話になりました皆様に見送られ、妻も喜んでいることと思います。
  2. 私と妻は同じ会社で働いていた同期で、旅行が好きという共通点があって意気投合し結婚いたしました。二人の子供に恵まれてしっかり者の妻に支えられ、とても幸せな家庭を築くことができました。
  3. 妻は子供が大好きでしたので、学童のボランティアや町内の子ども会にも積極的に参加して、皆様のお役に立てるよう頑張っておりました。体調を崩すまでは毎朝近所の子供たちを見守り、まだ登校に慣れていない一年生を学校まで送っていったこともありました。
  4. 子供に優しい妻でしたが、悪いことをしたときにはしっかりと怒る一面もあり、たとえよそ様の子供さんであっても遠慮なく叱り、諭しておりました。しかし子供たちは妻を怖がるどころかとても慕っていましたので、どの子にも分け隔てない愛情を持っていたのだな、と感じます。
  5. 妻が惜しむことなく与え続けてくれた愛情は、私たち家族の心の糧となっています。妻とお別れすることはとても辛く寂しいですが、妻の笑顔を忘れず家族みんなで支え合っていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

妻が挨拶する場合

夫の告別式の場合、妻が挨拶を行います。

基本的には喪主の挨拶とほぼ同じで構いませんが、妻の立場は遺族なので基本構成の1を「参列者へのお礼」、基本構成の5を「遺族の思い」に変えて、さらに基本構成の2、3、を一つにまとめた形にしてみましょう。

 

告別式で妻が挨拶する場合の例文は次のとおりです。

  1. 本日はお忙しい中、亡き夫〇〇(故人の名前)多くの皆様にご参列を賜りまして、誠にありがとうございます。夫が生前から交流があった皆様にお集まり頂き、夫も喜んでいることと思います。
  2. (基本構成の2、3、4をまとめて)夫は日頃から仕事に対してとても熱意を持っており、お付き合いしたときから真面目で働き者なのだなと思っておりました。お仕事の内容まではよくわかりませんでしたが、ときに会社の方からお礼のお電話や楽しいお誘いなどをお受けしたとき、本当に皆様に愛され慕われていると感じておりました。家庭ではリラックスしている姿が多かったのですが、そのどちらも夫の本当の姿であり、皆様にとっても私たち家族にとっても、かけがえのない存在てあったのだなと思っております。
  3. (基本構成の5)夫との別れは大変辛く悲しいことですが、こんなに多くの皆様に参列して頂けたことは、夫が皆様から愛されていた証として家族一同とても誇らしく感じます。亡くなった夫との思い出を胸に、残された家族みんなで支え合っていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

息子・娘が挨拶する場合

父親や母親の告別式の場合、その息子か娘が挨拶を行います。

息子や娘は遺族になりますので、基本構成の1は「参列者へのお礼」、基本構成の5は「遺族の思い」に変更します。

また、子供の立場では父親や母親の仕事面に関する情報がわからないことも多いと思いますので、基本構成の2、3、4は一つにまとめて家族しか知らない思い出を語っても良いでしょう。

 

告別式で息子や娘が行う挨拶の例文は次のとおりです。

  1. 本日は、亡き〇〇(続柄・故人の名前)の告別式にご参列を賜りまして、誠にありがとうございます。皆様ににお集まり頂き、父(母)がどれだけ愛されていたかを深く感じ入っております。
  2. (基本構成の2、3、4)父(母)は昔から大変忙しい人で、仕事はもちろん休日には町内の役員やプライベートなどで飛び回っておりました。しかし忙しいと言いながら家庭のことを疎かにせず、私たちの様子も常に気にかけてくれました。思春期には親子で意見がぶつかり合うことも多かったですが、成長とともに父(母)がどれだけ頑張っていたかを身をもって経験することも増え、父(母)がどれだけ偉大であったかを知ることができました。
  3. 父(母)との別れは辛く悲しいものですが、父(母)が残してくれた思い出を大切にしながら家族で支え合っていきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

親が挨拶する場合

息子や娘の告別式では、父親か母親が挨拶を行います。

もし親が高齢で挨拶することが難しい場合には、遺族の人に代理をお願いしても問題ありません。

息子や娘の告別式では親は遺族になりますので、基本構成の1は「参列者へのお礼」、基本構成の5は「遺族の思い」に変更してください。

 

さらに、親として長く挨拶することが辛いときには、無理に長文にする必要はありません。

少し特殊な構成ですが、「参列者へのお礼」「遺族の思い」「参列者へお礼」という構成で文章を考えてみましょう。

 

特殊な構成の例文は次のとおりです。

  1. (参列者へのお礼)本日はお忙しい中、亡き〇〇(続柄・故人の名前)の告別式にご参列を賜りまして、誠にありがとうございます。皆様に見送られ、故人も喜んでいることと思います。
  2. 思いもよらず早くに訪れてしまった息子(娘)の旅立ちは、親には受けいれがたく苦しい思いです。授かった日からともに築いてきた思い出を心に浮かべると、せめて心安らかな最期であったことを願わずにはいられません。
  3. 本日お集まり頂いた皆様におかれましては、亡き〇〇(故人の名前)にひとかたならぬご厚情を頂き誠にありがとうございました。亡き〇〇(故人の名前)に代わりまして、厚く御礼を申し上げご挨拶とさせて頂きます。本日は本当にありがとうございました。

孫が挨拶する場合

長寿の方が亡くなられてその子供である親世代も高齢の場合、故人からみて孫にあたる人が故人の告別式で挨拶をするケースがあります。

このような場合は、「参列者へのお礼」「祖父(祖母)との思い出」「参列者へのお礼」という構成で文章を考えてみましょう。

難しい場合は、次のような形にするとスムーズに構成ができますので参考にしてみてください。

  1. (参列者へのお礼と故人との関係を述べる)本日はお忙しい中、祖父(祖母)の告別式にご参列を賜りまして、誠にありがとうございました。私は孫の〇〇(自分の名前)と申します。祖父(祖母)の初めての孫にあたり、本日皆様の前でご挨拶をさせて頂くこととなりました。
  2. (祖父母との思い出を語る)祖父(祖母)は大変優しい人で、夏休みに遊びに行くととても喜んでくれました。私が子供心にいたずらをしても頭ごなしに怒鳴ることはなく、悟すように話をしてくれました。私にとって祖父(祖母)は安らげる存在であり、尊敬すべき人生の大先輩でもありました。
  3. (参列者へのお礼を述べる)愛する祖父(祖母)との別れは悲しいですが、幼き日に教えてくれたことは私の大切な指針となって心に刻まれています。姿は見えなくなってしまいましたが、これからも祖父(祖母)が見守ってくれていることと信じて、賢明に努力していきたいと思います。本日は本当にありがとうございました。

会社関係者が挨拶する場合

仕事でお付き合いがあった人の告別式の場合、会社関係者が挨拶を行います。

挨拶をする人は参列者の立場になりますので、基本構成の例文をもとに原稿を作成して問題ありません。

 

会社関係者は故人の業績にも詳しいので、故人が勤務していた仕事の内容と業績、社内での評判や人柄などを交えて文章を考えてみましょう。

ただし告別式という公の場になりますので、文章を作成するときには遺族への配慮を十分に行い、故人を傷つけるような言葉は避けるようにしてください。

友人が挨拶する場合

友人の告別式で挨拶をする場合は、参列者の立場なので基本構成の例文をもとに原稿を作成して問題ありません。

遺族との交流もあった場合には、共通の思い出話を入れると遺族の共感も得られます。

ただし、告別式という弔いの場であることを忘れず故人の失敗話などは避けて、楽しかった思い出などを語るようにしましょう。

町内関係者が挨拶する場合

町内会に入っている家庭で不幸があり告別式が行われる場合は、町内会の関係者が告別式で挨拶することがあります。

町内関係者は参列者側の立場なので、基本構成の例文を元に原稿を作成して問題ありません。

 

とくに、故人が町内会で役員を務めていたり、高齢者の互助会で世話役などを行なっていたときには、これまでの功績を紹介した上で感謝の気持ちを伝える内容にしてみましょう。

ただし故人の告別式には会社関係者や遺族の方も参列していますので、プライベートな噂や悪い評判などは話さないように心がけましょう。

告別式の挨拶の注意点・マナー

葬儀・告別式会場

告別式の挨拶は、故人と社会的つながりがあった人たちが多く参列するため、節度を守った文章とわかりやすい話し方をしなければなりません。

では、どのようなことに注意するべきなのでしょうか?

告別式の挨拶で気をつけるべき注意点とマナーを詳しく解説します。

注意点・マナー①:重ね言葉を使わない

告別式での挨拶では、不幸がこれ以上重ならないように重ね言葉を使わないようにします。

重ね言葉とは同じ単語を繰り返して表現する言葉のことで、「不幸が繰り返される」という意味につながり、「忌み言葉」とも言われています。

重ね言葉の例はつぎのとおりです。

  • くれぐれ
  • たびたび
  • かさねがさね
  • 重々
  • 追々
  • 返す返す
  • 繰り返す
  • 再び

上記の例以外にも忌み言葉になる単語はあります。

少しでも不安があるときには、必ず禁句かどうか調べてから使うようにしてください。

注意点・マナー②:3分以内にまとめる

告別式での挨拶は、長くても3分以内にまとめることが理想的です。

特に、大きな告別式では複数人の人から挨拶を頂くこともあるため、挨拶は3分以内でまとまるようにしましょう。

ちなみに、400字詰め原稿用紙なら2枚から2枚半、ゆっくり話すのなら2枚ほどが目安となるので参考にしてみてください。

注意点・マナー③:わかりやすい文章にする

告別式には故人に縁のある人が大勢参列するため、わかりやすい文章でまとめるようにします。

主語と述語をはっきりとさせ、文章中の「、」(読点)を二箇所以内に納めると読みやすく、聴く人にも伝わりやすくなります。

心配なときは事前に誰かに相談し、場合によっては添削してもらうと良いでしょう。

注意点・マナー④:故人を非難しない内容にする

告別式の挨拶では、故人を非難したり貶めるような内容は慎みましょう。

ごく稀に、故人のおもしろい話として仕事上の失敗談や笑われた話などをする人がいますが、告別式という故人を見送る会では相応しくありません。

 

故人を非難し貶めるような内容は、挨拶した人が非難されその後のお付き合いにも影響が出ます。

挨拶で話すエピソードには十分気をつけましょう。

注意点・マナー⑤:ゆっくり話す

告別式の挨拶は、ゆっくり噛みしめるように話すことが大切です。

人前で話すことが苦手だとつい早口になってしまいますが、早口だと発音がはっきり伝わりにくく、高齢の参列者には聞き取れません。

ゆっくりと話すことで遺族や他の参列者に内容が伝わり、故人を偲ぶ気持ちも表れてきます。

言葉を噛みしめるようにゆっくり話すことを心がけてください。

まとめ

喪章

告別式の挨拶について、基本的な構成と挨拶例文、注意点やマナーを詳しく解説しました。

告別式の挨拶は、故人との関係性や立場によって少しずつ内容が異なるため、ポイントを押さえて文章を考えることが大切です。

今回のお伝えしたことを参考にして、故人と遺族に対するお悔やみの気持ちが伝わるような挨拶文を考えてみてください。

この記事を監修したのは、