お葬式でかける「お悔やみの言葉」の例文は?メールやラインする場合の注意点

一般知識・マナー

お葬式でかける言葉(お悔やみの言葉)とは

お悔やみの言葉

通夜や告別式などのお葬式で遺族にかける「お悔やみの言葉」とは、どのようなものが良いのでしょうか?

お葬式は特別な空間であるため、戸惑う方も多いことでしょう。

 

ここでは、お葬式の際に遺族の気持ちに配慮した言い回しや、避けなければならない言葉などを詳しく解説します。

また亡くなった方の状況にあったお悔やみの言葉の文例などもあわせて紹介していきます。

お葬式でかける言葉の基本

数珠と喪服の女性

まずは、お葬式でかけるお悔やみの言葉の基本的な考え方や、重要なポイントについて解説します。

基本①:ごく短い言葉でお悔やみを伝える

どのようなお悔やみの言葉でも、短く簡潔にまとめて遺族に伝えることが重要です。

遺族は愛する家族を亡くして悲しみの中にいますが、葬儀を滞りなく進行しなければならず、精神的な負担と時間的な負担を感じているものです。

そのため、長々としたお悔やみの言葉を遺族は煩わしいと感じてしまう場合があります。

 

特に、故人と親交が深かった方の場合、故人への感情があふれて感情的になることがあります。

そして、遺族の負担となる場合があるため注意が必要です。

基本②:「故人の死を悼む」「遺族を励ます」

長々と話すことができない中で気持を伝えるには、ポイントを押さえた言葉を伝える必要があります。

大切なことは「故人の死を悼むこと」と「遺族を励ますこと」の2点です。

これから紹介していく例は、これらの2つのポイントを押さえた文例です。

お葬式でかける言葉の例文

ここでは亡くなった方の状況や死因別に、お葬式でかけるお悔やみの言葉の文例を紹介します。

ご自身が参列する葬儀では、故人はどのように亡くなったのかを事前に確かめ、その状況に即したお悔やみの言葉を選ぶようにしましょう。

例文①:一般的な言葉

このたびはまことにご愁傷様です。心からお悔やみ申し上げます。

文例②:高齢者が亡くなった場合

このたびはご愁傷様でございます。まだまだお元気で○○様(故人名)には人生の先輩としてご指導いただきたいと思っていましたが残念でなりません。本当に寂しさが募ります。

文例③:配偶者が亡くなった場合

このたびはご愁傷様でございます。○○様(故人名)とのお別れはさぞお辛かったと存じます。長年連れ添われた奥様をお見送られて、さぞご落胆のこととお察ししますがどうかお力落としをなさいませんように。

文例④:事故で亡くなった場合

思いがけない事故でいまだに信じられない想いでございます。なんとお慰めしてよいものか言葉がございませんが、どうぞお気持ちをしっかりお持ちくださいませ。

文例⑤:病気で亡くなった場合

ご体調が芳しくないとはうかがっておりましたが、本当に残念な事です。心よりお悔やみ申し上げます。どうかお力落としのございませんように。

文例⑥:急に亡くなった場合

あまりにも思いがけず、まさかという気持ちでいっぱいでございます。お辛い事とは存じますが、お気持ちを強く持ってくださいませ。

お葬式に参列しない場合のお悔やみの言葉のかけ方

お祈りする女性

お葬式は、故人の親族や故人と仕事上お付き合いがあった方、または故人の友人などが参列します。

しかし、お葬式には参列する立場ではなないけれど、故人の遺族と親しい関係にあった方は大勢います。

ここでは、この「葬儀に参列はしないけれど故人の親族と親しい方」がどのように遺族に声をかければ良いのかについて解説します。

遺族の友人・彼氏・彼女が遺族へ声をかける場合

遺族の友達・彼氏・彼女で故人とそれほど面識がない場合、お葬式に参加することはないでしょう。

それでも突然の訃報を聞いた場合は、何かお悔やみの言葉をかけてあげたいと思うものです。

そんなときは、「寂しくなったね、自分にできることがあったら何でも声をかけてね」という思いやりのある言葉をかけるのがふさわしいですよ。

遺族の近所の方が遺族へ声をかける場合

昔は近所の方が協力してお葬式をしましたが、最近ではお葬式を葬儀場で行うことが多くなっているため、近所の方はどなたが亡くなったのかわからないケースが増えています。

亡くなった方がわかった場合は、「寂しくなりましたね」と声をかけることが一般的です。

メールやラインでお悔やみの言葉は伝えても大丈夫?

ラインする人

一昔前前では考えられないほど、私たちはメールやLINE(ライン)を日常のコミュニケーションに活用しています。

そのため、今日ではこのメールやラインでお悔やみの言葉を伝えることは、条件付きで問題ないとされています。

その条件は次のとおりです。

  • メールで訃報を受けた場合
  • 送り主が友人や知人などの近しい間柄の場合
  • 送り主が会社の上司・同僚・取引先の担当者

メールやラインでお悔やみを送るのは、あくまでも略式的にお悔やみを伝える場合に限られます。

近しい間柄、もしくは仕事上の付き合いがある場合に限って取り急ぎ送るものだと認識しましょう。

メールやラインでお悔やみの言葉を伝える場合のマナー

口頭でお悔やみ言葉を伝えるときと同じく、メールやラインの場合もマナーがあります。

次の2点を押さえておいてください。

マナー①:件名は簡潔に要件がわかるようにする

近しい仲の方は、件名「○○(送り主の名前)よりお悔や申し上げます」のように、一目で誰からお悔やみが届いたことがわかるように書きましょう。

仕事上の付き合いがある方は、件名「株式会社○○(会社名)の○○(担当者の名前)よりお悔やみ申し上げます」と会社名と個人名が一目でわかるように書いてください。

マナー②:時候の挨拶・前置きは不要

口頭でお悔やみを伝える場合と同じく、メールやラインでお悔やみを伝える場合でも手短に伝えます。

そのため、時候の挨拶・前置きは省略して冒頭からお悔やみの言葉を書いてください。

例文

では、メールやラインでお悔やみの言葉を送信する際の例文を次の2つに分けて紹介しましょう。

近しい間柄の方に送るお悔やみの文例

○○様(亡くなった方とメールを送る方の続柄)のご逝去を知り、大変驚いています。本来なら直接お悔やみに伺いたいところですが、このような形になり申し訳ありません。家族を支えなくては、と無理をしていないか心配です。あなたまで倒れては大変なので、どうか自分のことを考えて体を労ってください。私にできることがあればいつでも連絡してください。

ビジネス相手に送るお悔やみの文例

○○様の突然の訃報に大変驚いています。都合によりご葬儀に伺うことできず、まことに申し訳ありません。略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

お葬式で避けるべき言葉

NGを出す男性

お葬式でお悔やみの言葉を伝える際に、避けるべき言葉や表現があります。

失礼に当たらないように、しっかりと頭の中に入れておいてくださいね。

避けるべき言葉①:忌み言葉

忌み言葉(いみことば)とは、その場所で使うことがためらわれる言葉のことです。

葬儀の場での忌み言葉として挙げられるものには、不幸が重なる事を連想させる「重ね言葉」があります。

この重ね言葉には、次のような2種類が該当します。

一つの言葉を2回重ねて使う言葉

  • 「たびたび」
  • 「いよいよ」
  • 「重ね重ね」
  • 「またまた」
  • 「ますます」

繰り返しや次を予感させる言葉

  • 「なお」
  • 「再び」
  • 「再三」
  • 「追って」
  • 「引き続き」
  • 「繰り返し」

避けるべき言葉②:直接的な表現

重ね言葉の他には、生死に関する直接的な表現も禁句とされています。

次の言葉は避けなければなりません。

  • 「死ぬ」
  • 「死亡」
  • 「生きる」
  • 「生存」
  • 「事故死」
  • 「急死」
  • 「生きているころ」

これらをお悔やみの言葉として使う場合は、次のような柔らかい表現に言い換える必要があります。

  • 「死ぬ」「死亡」:「ご逝去」または「他界される」
  • 「生きる」「生存」:「ご生前」または「お元気なころ」
  • 「事故死」「急死」:「突然のご不幸」または「急なことで」
  • 「生きている頃」:「お元気な頃」

避けるべき言葉③:宗教に関わる言葉

宗教や宗派によっても、避けるべき言葉があります。

 

例えば、みなさんが良く知る「冥福を祈る」という言葉には、「死後の幸福」という意味があります。

キリスト教の一部の教えでは、死後は必ず天国に行けるという教えがあるため、冥福を祈る必要がありません。

このような教義上キリスト教の一部では「冥福を祈る」という言葉は不適切です。

 

また、浄土真宗では阿弥陀如来によって極楽浄土に導かれるという教えがあります。

そのため、この場合も「冥福を祈る」という言葉は、浄土真宗に対する信仰心の不足や迷いを表す不適切な表現ととらえられています。

 

このように、死に対する考え方はその宗教の教義によって異なります。

葬儀に参列する際は、その宗教にあった配慮や言葉づかいが必要です。

お葬式でお悔やみの言葉をかける際に控えるべき行為

泣いている遺族

お葬式で避けなければならない言葉(忌み言葉)があるように、お葬式で控えなければいけない行為もあります。

次の2点には最低限気をつけるようにしてください。

控えるべき行為①:故人の死因について聞く

遺族の方は近しい方が亡くなり、深い悲しみの中で気丈にお葬式を行っています。

そのような遺族の心情を理解して、故人の死因や年齢について尋ねるようなことはしてはなりません。

後々知る機会もあるでしょうから、葬式のタイミングでこのような質問を尋ねることは控えましょう。

控えるべき行為②:遺族と長々と話す

葬儀に参列した際に、自身が参列したことを伝えるため、遺族の近くまで行って話をしたいと考える方がいます。

しかし、葬儀には大勢の方が詰めかけます。

そのため、遺族がそのすべての方と長々と話していては葬儀が滞ってしまうばかりか、精神的に疲弊してしまいます。

 

遺族は悲しみの中、精一杯頑張って葬儀を行っています。

そのような遺族の心情を理解し、長話は避けて簡潔に挨拶を済ませ、遺族の負担とならないように心がけましょう。

まとめ

お花

お葬式で遺族にかけるお悔やみの言葉や、故人の状況別のお悔やみの例文を詳しく解説しました。

お悔やみには使ってはいけない言葉やルールがあり、どんな言葉をかけても良いというわけではありません。

 

まずは遺族の気持ちのよく理解し、その気持ちに寄り添うように心がけましょう。

そして、マナーを守った言葉を意識できれば、平凡でありきたりな言葉であっても遺族にとっては心温まるお悔やみの言葉となるのです。

この記事を監修したのは、