【解説】香典返しに「のし」は必要?表書き・掛け方・香典返しまでの流れ

香典返しののし 一般知識・マナー

葬儀でいただいた香典のお返しとして用意する「香典返し」には、それ専用ののしをつけなければなりません。

しかし、香典返しののしは宗教や地域によって違いがあるため、事前によく調べておく必要があります。

今回は、香典返しののしの基本的な種類や注意点について、詳しく解説していきます。

香典返しののしとは

黄白の水引の不祝儀袋

香典返しののしは、故人の死に際しいただいた香典のお返しとして、参列者に感謝の気持ちを込めて贈る品物に掛ける掛け紙のことです。

本来「のし」とは、お祝い事の贈り物に添えられる縁起物で、「のしたアワビ」のことを言います。

 

葬儀は弔事であるため、本来の「のし」は当てはまりませんが、「大切な贈り物に掛ける紙」という意味を込めてギフトショップでも「のし紙」という言葉を使うことも少なくありません。

しかし、できれば正しく呼び分ける方が礼儀にもかなっているため、「のし」と「掛け紙」の違いを理解しておきましょう。

のしと掛け紙の違い

一般的にのし紙と呼ばれるものは、紅白で蝶結びになっている「水引」と、「のしアワビ」が印刷された紙のことです。

これに対し、「掛け紙」は黒白で結び切りの水引や黄白で結び切りの水引が印刷されたもので、仏式だと蓮の絵も添えられています。

つまり、お祝い事の贈り物には「のし」、葬儀や法要などの贈り物には「掛け紙」という使い分けをしなければなりません。

 

ギフトショップなどで注文する際は、贈り物の目的を伝えれば「のし」と言うだけで適切な掛け紙が選ばれることもあります。

ただ、できれば2つの違いを理解しておき、「のし」と「掛け紙」を使い分けるようにしましょう。

香典返しにのしは必要?

近年では簡略化が進み、「香典返しののし(掛け紙)も不要」と判断する人が増えていますが、香典返しにのし(掛け紙)は必要です。

このような間違いの背景には、「のし(掛け紙)」と「包装紙」を混同してしまっていることにあります。

包装紙は、贈る品物をきれいに包むための紙なので、のし(掛け紙)とはまったく別物です。

水引が印刷されているのし(掛け紙)を掛けないと、送った相手にも失礼になりますので注意しましょう。

香典返しののしの種類

風呂敷に包まれた香典返し

香典返しののし(掛け紙)には、宗教によってさまざまな種類があります。

では、具体的にどのような種類で使い分けるのか、香典返しののし(掛け紙)を宗教別に紹介しましょう。

仏式の場合

仏式の香典返しでは、黒白の結び切りの水引か黄白の結び切りの水引で、蓮の絵が描かれているのし(掛け紙)を使用します。

一般的には黒白の結び切りの水引が選ばれますが、関西より西の地域では黄白の水引ののし(掛け紙)を使用することが多いです。

この2つは仏式における香典返しの基本ですが、地域によって水引の色に違いがあります。

そのため、不安がある場合には事前に地域の人に尋ねるか、ギフトショップにお任せすると良いでしょう。

神式の場合

神式の香典返しの場合は、仏式と同じく黒白もしくは黄白の結び切りの水引が印刷されたのし(掛け紙)を使用します。

水引の色と結び方は仏式と変わりませんが、注意が必要なのが「蓮の絵がない」という点です。

蓮は仏様へ通じるものなので、神式の香典返しには相応しくありません。

ギフトショップでも十分注意はしていますが、仏式ののし(掛け紙)との違いを理解しておき、間違いがないかを確認しましょう。

キリスト教の場合

キリスト教では、本来ならお供えや香典という風習がありません。

しかし、日本では昔からの慣習にならい、香典返しとして節目のミサで贈り物を用意する人もいます。

このときに掛けるのし(掛け紙)は、新式と同じく黒白の結び切りの水引が印刷されたものです。

蓮の絵がついているものは仏式になるので避け、シンプルな黒白の水引ののし(掛け紙)で対応しましょう。

香典返しののしの表書き

黄白の不祝儀袋

香典返しののし(掛け紙)は、水引を境にして上下に表書きをします。

この際に注意しなければならないのが、宗教による表書きの違いです。

では、宗教によってどのような違いがあるのか、香典返しののし(掛け紙)の表書きを宗教別に解説します。

仏式の場合

仏式の香典返しでは、水引を境にした上部に次のような表書きをします。

地域によっても表書きに違いがありますので、書く前にはよく確認しましょう。

志は、香典返しののし(掛け紙)の表書きとして、全国的によく使用されています。

志という文字には「気持ち」という意味があるため、香典返しののし(掛け紙)に記すことで「いただいた香典に対するちょっとした気持ちです」という心を表すのです。

水引の上部に志と書いたら下部には喪主や送り主の名を書き入れ、誰からの贈り物がわかるようにしておきましょう。

満中陰志

満中隠志とは遺族が忌明けをしたという意味があり、四十九日を過ぎてから送られる香典返しののし(掛け紙)ではよく見られる表書きです。

この表書きは主に関西から九州にかけて多く、場合によっては遠方に住んでいる人が関西より西の地域に香典返しを贈る際に、地域性を考えて満中隠志と書くこともあります。

どちらでも問題はありませんが、地域による違いが気になる場合は香典返しを用意する前に親族に確認してみましょう。

粗供養

粗供養は主に関西圏で使用されている表書きで、四十九日以降の法要でお返しする品物に使用される言葉です。

さらに、「参列はせず香典だけを送っていただいた人へのお返し」の際にも、遺族からの気持ちを込めて粗供養と書くこともあります。

一部の地域では、「粗」を「祖」に変えて「祖供養」と書くこともあるため、どちらが適切かわからない場合は親族に確認しましょう。

神式・キリスト教の場合

神式・キリスト教では、香典返しではなく「返礼品」という考え方をします。

いただいたお玉串料やお花料に対するお礼なので、仏式と同じように「志」ののし(掛け紙)を使用しても問題はありません。

ただし、次のような表書きで感謝の気持ちを表すこともあるため、返礼品を用意する時に一度親族と相談してみましょう。

偲び草

「偲び草」は、「故人を偲び思い続けていますという気持ちを込めが品物」という意味があります。

神式・キリスト教では、志よりも偲び草を表書きにすることが多く、宗教的な考え方としてもこちらの方が良いと判断する人も少なくありません。

特にキリスト教の場合、もともとお供えをする風習はありませんから、「故人を思う気持ちを添えた品物」という意味では偲び草の方が良いでしょう。

茶の子

茶の子とは、お茶をいただく際にお茶請けとして出されるお菓子のことです。

特に中部地方から九州に掛けて使われている言葉で、弔事などで出されるお菓子を茶の子と呼ぶことが多いです。

お玉串料やお花料の返礼品だけではなく、お参りくださった方へお渡しする品物すべてを「茶の子」と表現することもあります。

茶の子は広い意味で表書きに使用される言葉なので、「偲び草」や「志」と上手に使い分けましょう。

香典返しののしの掛け方

風呂敷に包まれた贈り物

香典返しののし(掛け紙)の掛け方には、「表掛け」と「内掛け」の2種類があります。

実は、この掛け方の違いを理解しておかないと、品物を注文した際に掛け紙が破れるといったトラブルもあるのです。

では、具体的にどのように掛け方を使い分けるのか、それぞれのケースを紹介しましょう。

のしを表掛けにするケース

「のし(掛け紙)の表掛け」とは、品物を包んだ包装紙の上からのし(掛け紙)を掛ける方法です。

この方法の場合、前提になっているのは「香典返しを直接相手に渡すこと」なので、四十九日の法要で渡したりご挨拶にうかがった際に渡すときには表掛けにします。

自分の手で直接渡すものなのでのし(掛け紙)が乱暴にずれたり破れる可能性は低いですが、もしお茶菓子なども一緒に紙袋に入れる場合は、のし(掛け紙)が痛まないように注意しましょう。

のしを内掛けにするケース

「のし(掛け紙)の内掛け」とは、品物の入った箱に直接のし(掛け紙)を掛け、その上から包装紙で包む方法です。

もともと香典返しは弔事の品物なので、「控えめでひっそりと渡す」という意味で内掛けを好む人もいます。

しかし、近年では遠方の人へ配送をするとき、のし(掛け紙)を破らないために内掛けにするギフトショップも少なくありません。

基本的には依頼主の意向に沿ってのし(掛け紙)を掛けてもらえますが、「手渡し」と「配送」で使い分けてのし(掛け紙)が傷つかないように工夫しましょう。

香典返しをするまでの流れ

御霊前とお金

香典返しには、「いただいた金額の半返し」「消えものの品物を選ぶ」「渡し方や準備する期間」といった決め事があるため、ある程度の流れを把握しておかなければなりません。

ここでは、香典返しをするまでの流れを順番に追っておき、それぞれでやるべき内容について具体的に解説していきましょう。

香典返しするまでの流れ
  1. いただいた金額を確認する
  2. 用意する品物を選ぶ
  3. 発送と手渡しで分ける
  4. 四十九日前までに準備する

ステップ①:いただいた金額を確認する

香典返しの準備で最初に行うのは、いただいた金額の確認です。

香典は参列者のお悔やみの気持ちですから、故人との関係性や立場によって金額が変わります。

したがって、まずは香典をいただいた人の名前と金額を書き出しリストアップしてください。

 

リストアップが済んだら、今度は半返しの金額ごとにグループ分けします。

このグループ分けができていると品物を注文する際にスムーズになるため、芳名帳と不祝儀袋の記載を照らし合わせて確認していきましょう。

ステップ②:用意する品物を選ぶ

名前と金額をリストアップしたら、それぞれの金額に合わせて品物を選びます。

香典返しは「いただいた金額の半分」が目安ですが、あまり厳密にしなくても大丈夫です。

 

また、基本的には「消えもの」を選びますが、これも必ずというわけではありません。

近年では、「ギフトカタログ」や「商品券」といった香典返しもよく見られるため、金額と状況に合わせて品物を選びましょう。

ステップ③:発送と手渡しで分ける

品物を注文する際は「発送」と「手渡し」で分けるようにします。

先ほど紹介したように、のし(掛け紙)は渡す方法によってのし(掛け紙)の掛け方を変えます。

そのため、注文する際に「手渡し分は表掛け」「発送分は内掛け」というように注文してください。

ステップ④:四十九日前までに準備する

香典返しは、遺族が忌明けする四十九日を目安に準備します。

一番多いのが「四十九日の法要時に渡す」というケースですが、香典返しの人数が多いと時間が掛かるため、ある程度日数に余裕を持たなければなりません。

最低でも四十九日の2週間前あたりから準備を始めれば余裕を持って段取りが組めます。

遺族で手分けをして少しずつ準備を進めていきましょう。

香典返しののしの注意点

筆ペンを持つ手

香典返しののし(掛け紙)は、掛ける前に注意しなければならないことがあります

では、具体的にどのような点を気をつければ良いのか、香典返しののし(掛け紙)の注意点を解説しましょう。

香典返しののしの注意点
  • お返し先で送り主の名前を書き分ける
  • のしの種類を確認する
  • のしがきは濃墨で書く
  • わからない場合は店舗と相談する

注意点①:お返し先で送り主の名前を書き分ける

香典返しののし(掛け紙)には、のし(掛け紙)の上部に表書き、下部に送り主の名前を書きます。

送り主の名前は、喪主となった人の苗字を書くことが一般的ではありますが、例えば婚姻や離婚などで苗字が違う場合、受け取った人はそれが誰のものなのかわかりません。

もし香典返しを配送するのであれば、下部に送り主の名前をフルネームで書くか、無理な場合は配送元の名前を送り主の名前にし、誰の香典返しなのか書き分けるようにしましょう。

注意点②:のしの種類を確認する

最初にお伝えしたように、のし(掛け紙)は宗教に合わせて種類を変えなければなりません。

基本となるのは黒白の結び切りのみが印刷されているものですが、宗教や地域によっては黄白の結び切りを使用します。

香典返しを注文する時は、使用するのしの種類も事前に親族で相談し、スムーズに発注できるよう確認しておきましょう。

注意点③:のしがきは濃墨で書く

香典返しは、四十九日の忌明けを迎えて贈るものなので、のし(掛け紙)の表書きは濃墨です。

よく「弔事では薄墨の文字で」と言われますが、これは「忌中に渡すもの」だけに使用するものです。

そのため、香典返しの表書きは濃墨で書くようにしましょう。

注意点④:わからない場合は店舗と相談する

事前によく調べていても、いざ香典返しの発注をする時にのし(掛け紙)を頼む段階になると、思ったよりも多くののし(掛け紙)を提示され悩む人も少なくありません。

親族と相談しておくのも一つの方法ですが、日にちの関係や意見の食い違いでどうしても決められない場合は、香典返しの品物を取り扱う店舗やギフトショップに相談してみましょう。

店舗やギフトショップでは、宗教や地域の慣習に合わせてさまざまなのし(掛け紙)を取り扱っています。

相談する時には「宗派」と「地域」を伝えるようにし、礼儀に沿ったのし(掛け紙)を提示してもらいましょう。

まとめ

弔事の贈り物

香典返しののし(掛け紙)は、葬儀の宗派や地域の慣習でのし(掛け紙)の種類も表書きも変えなければなりません。

少しでも悩むような場合は詳しい親族や取り扱いのある店舗とよく相談し、注意点を踏まえて適切なのし(掛け紙)を選ぶようにしましょう。

この記事を監修したのは、