【2020】家族葬でのマナーは?参列者・遺族が注意すべきこと

家族葬のマナー 一日葬

家族葬は、少人数の親しい人達だけで故人を見送る小規模葬の一つです。

家庭の事情やライフスタイルの変化に伴い、家族葬を選択する遺族も増えてきました。

しかし、家族葬は近年になって注目されてきた比較的新しい形式の葬儀なので、一般葬とのマナーの違いに悩む人も少なくありません。

そこで今回は、家族葬の基本マナーから服装や香典、参列する際のマナーまで詳しく解説していきます。

家族葬とは

お焼香を行う子供

家族葬は、故人の遺族や親族、生前から親しかった人だけが少人数で集まり、故人を静かに偲びながら暖かく見送る葬儀のことです。

「慌しくなくゆっくりとお別れできる」「本当に親しい人だけで見送れるので安心できる」などの理由から、近年多くの人が家族葬を選択するようになりました。

 

家族葬の内容自体は、一般葬とほとんど変わりません。

しかし、「少人数なので香典を辞退する」「招待を受けた人だけが参列する」など、一般葬と異なるマナーもあるため、家族葬のマナーについて悩む人も増えています。

家族葬のマナーは、「故人とその遺族の意向に沿うこと」を基本にしていれば、相手に失礼になることはありません。

家族葬のマナーで戸惑うことも多いでしょうが、家族葬のマナーの基本をしっかり押さえて温かな家族葬になるよう心掛けましょう。

家族葬の連絡をする際のマナー

故人が亡くなった際、遺族は故人の葬儀について多くの人に連絡をします。

しかし、家族葬の連絡をする場合は、連絡先を「参列に招待する人」「参列を遠慮してもらう人」に分け、それぞれに失礼のないよう連絡しなければなりません。

では、家族葬の連絡をする際のマナーとはどのようなものなのか、具体的なケースに分けて紹介しましょう。

連絡する際の基本マナー

家族葬は、社会的認識が高まってきたものの、まだ多くの人があまり経験をしていない形式の葬儀です。

したがって、家族葬の連絡をする際も基本マナーにしたがい、連絡先の相手い失礼のないようにしましょう。

連絡する際の基本マナーは、次のとおりです。

連絡する際のマナー
  • できるだけ早い段階で連絡する
  • 香典辞退は早めに連絡する
  • 家族葬を行うことへの理解を求める

基本①:できるだけ早い段階で連絡する

家族葬は、故人が生前からリストアップしていた人や、遺族が来て欲しいと思う人を参列者として招待します。

逆に、一般葬のように訃報を知った人は誰でも参列して良いわけではないため、できるだけ早い段階で家族葬であることを伝え、相手に理解をして貰わなければなりません。

故人の訃報は知り合いを通じて多くの人に広がるため、できるだけ早い段階で「家族葬であること」を伝えるようにしましょう。

基本②:香典辞退は早めに連絡する

家族葬を行う際、香典を辞退することを決めている場合は、できるだけ事前に香典辞退を連絡します。

家族葬は、「一般葬よりも費用が掛からない」「香典返しなどの手間を省きたい」などの理由から、遺族が香典辞退することも少なくありません。

 

しかし、家族葬での香典辞退は絶対というわけではなく、遺族が香典辞退をするかしないかを決めます。

遺族が香典辞退をするのなら用意しない、辞退をしないのなら用意するということがマナーなのです。

したがって、家族葬を行う際に香典辞退をする場合は、参列者が迷わないよう早めに連絡をしておきましょう。

基本③:家族葬を行うことへの理解を求める

家族葬は、多くの人に認識されてきた形式ではあるものの、まだ家族葬を受け入れられない人も少なくありません。

特に、お年を召した人や地域の風習にこだわる人は、家族葬という形式自体を受け入れられず、いきなり家族葬と連絡されてトラブルになる可能性もあります。

家族葬の連絡をする際は、「故人の意向」や「遺族の精神的な負担」といった理由を挙げ、静かに見送ることへの理解を求めましょう。

参列をお願いする人へのマナー

家族葬に参列をお願いする人への連絡も、相手が困らないようマナーに気をつけなけばなりません。

では、具体的にどのようなマナーがあるのか、家族葬をお願いする人へのマナーを紹介しましょう。

参列をお願いする人へのマナー
  • 家族葬の日程が決まっていなくてもすぐに連絡しておく
  • 家族葬の日時・場所が決まり次第すぐに知らせる
  • 香典辞退はできるだけ早く連絡する

マナー①:家族葬の日程が決まっていなくてもすぐに連絡しておく

家族葬への参列をお願いする人への連絡は、まだ詳しい日程が決まっていなくてもすぐにしておくことがマナーです。

家族葬への参列をお願いしていても、相手の都合によっては参列できないケースもあります。

家族葬の日程が決まっていなくても、家族葬に参列して欲しい人にはすぐに連絡をしておき、相手がスケジュールを組む余裕を持てるようにしておきましょう。

マナー②:家族葬の日時・場所が決まり次第すぐに知らせる

家族葬の日時・場所が決まったら、家族葬への参列をお願いする人が決断しやすいよう、すぐに連絡をしてください。

家族葬への参列は、少人数であることがあらかじめわかっていますから、参列者も早目の連絡がもらえると都合もつけやすくなります。

その際、もし参列者にお手伝いをお願いするようなことがあるのなら、その内容も伝えて丁寧にお願いするようにしましょう。

マナー③:香典辞退はできるだけ早く連絡する

家族葬へ参列する人は、遺族から何も言われない限りは香典を用意することがマナーです。

したがって、香典辞退をする場合はできるだけ早く連絡し、参列者が判断に困らないようにしてください。

もし香典辞退を悩んでおりギリギリになって香典辞退を決めた場合は、受付に香典辞退の看板などを立てておき、参列者に香典辞退することを丁寧に伝えましょう。

参列を遠慮してもらう人へのマナー

家族葬は、限られた人だけで行う小規模葬なので、どうしても参列を遠慮してもらう人が出てきます。

故人の訃報を知った際、もし相手が参列するつもりで用意をしていたら、お断りすることが心苦しく感じることでしょう。

家族葬への参列を遠慮してもらう人への連絡は、この後に紹介するマナーを守って伝えるようにしてください。

参列を遠慮してもらう人へのマナー
  • 家族葬への理解を求める
  • 香典や弔電・供花・供物の辞退は早めに伝える
  • 家族葬が済んだら速やかに報告のはがきを出す

マナー①:家族葬への理解を求める

家族葬への参列を遠慮してもらう人には、家族葬であることの理解を求めるようにしましょう。

実際に家族葬を経験した人は、「故人の遺志だから」「諸事情により一般葬を控えたいから」「遺族が心身共に疲弊しているから」などの理由を伝え、家族葬の理解を求めています。

理由もわからず「遠慮して欲しい」とだけ伝えてしまうと、後々のお付き合いに問題が出ることもあります。

そのため、家族葬を行う理由をやんわりと伝えて理解を求めてみましょう。

マナー②:香典や弔電・供花・供物の辞退は早めに伝える

家族葬に参列できなくても、哀悼の意を表して香典や弔電・供花・供物を自宅に送る人もいます。

しかし、家族葬を行う遺族はこれらを受け取ることも心苦しいケースがあり、香典をはじめとした贈り物を断ることも少なくありません。

家族葬を予定しており香典や弔電、供花、供物などを辞退する場合は、早めに伝えてお互いに気まずい思いをしないようにしましょう。

マナー③:家族葬が済んだら速やかに報告のはがきを出す

家族葬への参列を遠慮してもらった人には、家族葬が済んだ後速やかにはがきを出して、無事に故人を見送ったことを報告してください。

家族葬への理解を示していても、その後の様子を知りたい人は多いことでしょう。

参列を遠慮した人は家族葬を行う遺族の気持ちを尊重して行動していますから、お礼の気持ちを込めて家族葬が終了したことを報告してください。

家族葬の服装のマナー

家族葬に参列する際、マナーとして悩むのが服装です。

家族葬は、小規模葬ではあっても正式な葬儀ですから、マナーとしてどのような服装が相応しいのか迷いますよね。

家族葬の服装は、遺族側と参列者側でも少し違いがあります。

では、具体的にどのような違いがあるのか、家族葬の服装のマナーと解説しましょう。

基本の服装

家族葬に限らず、葬儀には基本の服装があります。

まずは葬儀の基本となる服装を紹介するので、どの服装をどのような場合に着るのか確認してみましょう。

基本①:正喪服

正喪服は、葬儀の服装の中でも一番正式な喪服で、主に遺族側の人が着用するものです。

男性の正喪服は、「ブラックフォーマルに黒のネクタイ」や「黒のモーニングコート」などで、着物で参列する場合は「紋付の羽織袴」を身につけます。

女性の正喪服は、「ブラックフォーマルのワンピースやアンサンブル」が主流ですが、着物で参列する場合は「黒無地の着物と黒帯」、地域の風習によっては「白無地の着物と白帯」です。

基本②:準喪服

準喪服とは、主に参列者側の人が身につける喪服のことで、遺族側の人より少し格を下げた服装です。

男性の準喪服は、「光沢のない黒地のスーツと黒のネクタイ」が基本で、スーツの形はダブルでもシングルでも構いません。

女性の準喪服は、「透けていない素材の黒のワンピース・アンサンブル・スーツ」が基本で、黒で光沢がない生地や織り・刺繍が目立たないものを着用してください。

基本③:略喪服

略喪服は、喪服の中でも一番格下の服装で、遺族側が着用することはありません。

参列者側であっても、葬儀の規模や状況によって略喪服を着るかどうか判断します。

男性の略喪服は、「黒っぽい色や濃紺のスーツに黒のネクタイ」で、できるだけ模様がない生地のものを選んでください。

女性の略喪服は、「黒・濃紺のワンピースやアンサンブル・スーツ」を基本にし、目立たず無地に近い生地を選びましょう。

【遺族側】家族葬の服装のマナー

家族葬を行う遺族は、立場上服装にも重きを置くのがマナーです。

家族葬を行う遺族の服装のマナーは以下のようになっていますので、よく確認してから服装を選んでみてください。

遺族側の家族葬の服装のマナー
  • 基本は準喪服以上
  • 参列者が少なければ略喪服でも良い
  • 服装の指定は事前に連絡するか話し合いで決める

マナー①:基本は準喪服以上

家族葬を行う遺族は、準喪服以上の服装が基本です。

小規模な葬儀であっても、故人を見送る大切な儀式ですから、哀悼の意を表して準喪服以上の服装にしましょう。

マナー②:参列者が少なければ略喪服でも良い

家族葬の中でも、10人前後の極少人数で葬儀を行う場合は遺族であっても略喪服で問題ありません。

参列者が少なければお互いに気負う場面も少ないと思われますので、状況に合わせて判断してから略喪服を着用しましょう。

マナー③:服装の指定は事前に連絡するか話し合いで決める

参列者の人数が少なくお互いに連絡を取りやすい状況なら、事前に服装を相談して指定することも一つの方法です。

あらかじめ服装を指定しておけば、遺族が気遣う場面も減りますし参列者も安心できます。

もし参列者と密に連絡が取れるようなら、事前に服装について話し合いお互いに悩まないよう配慮してみましょう。

【参列者】家族葬の服装のマナー

家族葬に招待された参列者にとっても、服装のマナーは気になる点ですよね。

遺族の立場も考えると、相手に失礼ではない喪服がどのようなものか迷うことでしょう。

家族葬への参列者の服装は、「遺族に失礼ではないこと」がマナーの基本です。

では、具体的にどのような服装をするべきなのが、家族葬の参列者の服装マナーを紹介します。

参列者側の家族葬の服装のマナー
  • 基本の服装は準喪服
  • 平服でと言われたら準喪服か略喪服
  • わからない時は遺族に相談する

マナー①:基本の服装は準喪服

家族葬に参列する人の服装は、準喪服が基本マナーです。

家族葬に限らず、葬儀に参列する人は遺族に敬意を払い遺族よりも格上の服装をしてはなりません。

家族葬における遺族の服装は「準喪服以上」が基本になりますから、参列者は準喪服以下の服装で家族葬に参列しましょう。

マナー②:平服でと言われたら準喪服か略喪服

家族葬に招待される際、連絡の際や案内状などで、「平服でお越しください」と指定されることも少なくありません。

一般的に、平服とは「普段の服装」と捉えられますが、葬儀における平服とは「準喪服」か「略喪服」です。

平服でと言われた場合は遺族側も少し緩やかな服装で参列することが多いので、迷う時は準喪服か略喪服で参列すると良いでしょう。

マナー③:わからない時は遺族に相談する

もし家族葬に参列する服装で迷っており遺族と連絡が取りやすい状況であれば、どのような服装にするか遺族に相談してみましょう。

参列者が少ない場合は、「暗めのスーツでもいい」「黒のワンピースでも大丈夫」など、具体的な服装も話し合えます。

家族葬の参列者は、遺族に失礼がないようにするのがマナーですから、相談できる場合は遺族と相談して服装を決めても良いでしょう。

家族葬の香典のマナー

香典を差し出す男性

家族葬のマナーに関して、特に多くの人が悩むのが家族葬における香典のマナーです。

そもそも、香典は参列者側が故人や遺族に対する気持ちを表したものですから、「香典を渡さないこと辞退が失礼」と感じることも多いでしょう。

しかし、家族葬を行う遺族は香典を辞退するケースも少なくありませんし、無理に香典を渡すことがマナーに反する可能性もあります。

では、家族葬の香典はどのように判断するべきなのか、家族葬の香典に関するマナーを詳しく解説していきましょう。

家族葬の香典のマナー
  • 香典は遺族の意向に合わせる
  • 香典辞退は事前に連絡する
  • 香典辞退の連絡が間に合わない場合は受付で知らせる
  • 香典辞退の際は無理に渡さない
  • 親族からの香典は受け取る

マナー①:香典は遺族の意向に合わせる

家族葬の香典は、遺族の意向に合わせることが基本的なマナーです。

遺族が香典辞退をするのであれば、参列者や訃報を知った人は無理に渡してはなりません。

逆に、遺族が香典辞退をしていないのに、家族葬だからと勝手に判断して香典を用意しないのは、故人や遺族に対してマナー違反になります。

 

家族葬においては、香典の扱いは遺族の意向が第一です。

家族葬の香典は遺族の意向に合わせ、「香典辞退の場合は用意しない」「何も言われない場合は用意する」を基本にしましょう。

マナー②:香典辞退は事前に連絡する

家族葬を行う遺族は、香典辞退をする場合はできるだけ早く連絡しなければなりません。

特に、参列者に対しては参列をお願いする際に香典辞退を伝え、参列者が悩まないよう配慮することがマナーです。

さらに、参列を遠慮していただいた人に対しても、香典辞退をできるだけ早く伝えるようにします。

 

これは、「葬儀に参列しない場合は初七日前に香典を送った方が良い」とされていることが理由で、連絡が遅くなると香典を受け取らなければなりません。

香典辞退をする場合は、参列の有無に関わらず早めに香典辞退を連絡してください。

マナー③:香典辞退の連絡が間に合わない場合は受付で知らせる

香典辞退の連絡が間に合わない場合は、受付でお知らせして香典辞退を申し入れましょう。

受付で知らせるには「香典辞退のお知らせ」の看板を出したり、受付の人に丁寧に断ってもらうなどの方法があります。

受付で香典をお断りする場合は、「お気持ちだけ頂きます」と頭を下げ、相手に失礼にならないよう丁寧にお断りしましょう。

マナー④:香典辞退の際は無理に渡さない

家族葬を行う遺族が香典辞退をしている場合は、無理に香典を渡してはなりません。

家族葬で香典辞退をする遺族の中には、故人が亡くなったことへのショックが大きく、香典返しなどの手続きも負担に感じることから辞退するケースがあります。

このような場合、香典辞退を申し入れているのに無理に渡されてしまうと、遺族の心を疲れさせてしまうかも知れません。

家族葬を行う遺族には詳しく事情を伝えられないこともあるため、遺族が香典辞退をした場合は無理に渡さないようにしましょう。

マナー⑤:親族からの香典は受け取る

遺族が香典辞退をしていても、どうしても親族が香典を申し入れることも少なくありません。

香典辞退を伝えている場合、一般参列者からの香典は辞退しても問題ありませんが、親族からの香典は今後のお付き合いも考えて受け取る方が良いでしょう。

ただし、お断りしている一般参列者の前で、親族からの香典を受け取ることはマナー違反です。

香典辞退をしている遺族に対し親族が香典を申し入れる場合は、葬儀の時間よりも早めに会場へ足を運び、一般参列者の目につかないよう配慮して渡すようにしましょう。

家族葬で注意するべきマナー違反

家族葬のマナーは、家族葬を行う遺族の意向によって守るべきマナーも異なります。

しかし、家族葬には共通してやってはいけないマナー違反の行為があり、これだけは必ず守らなければなりません。

では、家族葬で注意するべきマナー違反とはどのようなものなのか、その内容を詳しく紹介しましょう。

家族葬で注意するべきマナー違反
  • 呼ばれていないのに参列する
  • 呼ばれていない人を連れていく
  • 遺族が辞退している行為をする

マナー違反①:呼ばれていないのに参列する

家族葬で最もやってはならないマナー違反は、「遺族に招待されていないのに参列する行為」です。

生前から故人を慕っていた人にとっては、最期のお別れとなる葬儀には参列したい気持ちも強いことでしょう。

しかし、家族葬は故人や遺族の意向が最優先されるべきであり、故人や遺族が招待していないのなら家族葬に参列するべきではありません。

何かの折りに家族葬の日時や場所を知ったとしても、呼ばれていないのであれば家族葬に参列しないようにしましょう。

マナー違反②:呼ばれていない人を連れていく

家族葬に呼ばれた人が、呼ばれていない人を遺族に無断で連れて行くこともマナー違反です。

家族葬を行う遺族は、相手を信頼して家族葬に招待しています。

なのに、その人が呼ばれていない人を連れて行ってしまうと遺族を傷つけるだけではなく、その後のお付き合いに悪い影響が出る可能性もあります。

例えどれだけ頼まれたとしても、家族葬に呼ばれていない人を一緒に連れている行為は慎みましょう。

マナー違反③:遺族が辞退している行為をする

家族葬の遺族は、さまざまな点を考慮した上で香典や弔電・供花・供物を辞退しています。

遺族からの辞退の申し出は、単なる遠慮から行われるものではありません。

遺族の心情やさまざまな事情を抱えた上で、遺族は辞退をしているのです。

 

それを無理に押し切り辞退をしている香典や供物などを渡してしまうと、受け取った遺族に精神的負担を掛けるかもしれません。

家族葬を行う遺族が香典や供物などを辞退している場合は、無理に渡さず遺族の意向に沿うようにしましょう。

まとめ

家族葬のマナーは、連絡の仕方から服装・香典や供物に至るまで、一般葬とは違った気遣いで守らなければなりません。

家族葬の基本マナーを押さえつつ、家族葬を行う遺族がどのような葬儀を行いたいのか、故人の遺志や遺族の意向を尊重して、良い家族葬になるよう行動しましょう。

この記事を監修したのは、