【2020】告別式の流れは?一般的な葬儀・家族葬別の手順と注意すべきマナー

告別式の流れ 一般知識・マナー

告別式は、遺族や親族、故人と交流のあった人たちが、最期の別れを惜しみ哀悼の意を表す儀式です。

葬儀の流れ中に告別式が組み込まれたり日を改めて行うこともあるため、いざ告別式の流れを確認しようとすると悩むケースも少なくありません。

そこで今回は、告別式の具体的な内容と一般的な流れ、告別式を行う際の注意点について詳しく解説します。

告別式とは

法要に参列する人々

告別式は、故人の死を公的に知らせてお別れをする式典です。

宗教的な意味合いを持たず、故人と社会的に親交のあった人達が、告別式という式典を通してお別れを告げます。

 

本来の流れでは、葬儀を終わらせた後に告別式を行うのが理想なのですが、現代では葬儀の流れの中で告別式を行う形式が一般的です。

一方で、本当に親しい人たちだけで見送りたいと考える人達も増え、告別式をメインにした小規模葬や家族葬も行われるようになりました。

故人とのお別れを式典として行う告別式は、残された人達が心の整理をつけるためにも大切な儀式と言えるでしょう。

葬儀との違い

「告別式」と「葬儀」はよく同じ儀式と考えられますが、この2つには明確な違いがあります。

簡潔にまとめると次のようになります。

  • 葬儀:故人を弔うための儀式
  • 告別式:残された人が故人にお別れを告げる儀式

一般的な流れでは、葬儀の前半に僧侶の読経やお焼香といった宗教的儀式が行われ、後半に弔辞やお花入れといった告別式の儀式に移行します。

一連の流れになっているので誤解されがちですが、葬儀と告別式では儀式の意味が違うことを理解しておきましょう。

お通夜との違い

お通夜とは、葬儀・告別式の前日に一晩故人の遺体を見守り、遺族や親族・交流のあった人達が哀悼の意を表す儀式です。

まだ医療が発達していなかった時代、亡くなったと思われた人が息を吹き返すといったケースも多かったため、遺体を夜通し見守ったことがお通夜の儀式になったとではと考えられています。

現代では、お通夜も大切なお別れの儀式と考えられており、葬儀・告別式に参列できない人がお通夜で最期のお別れをするようになりました。

しかし、基本的にお通夜は故人の遺体を見守るための儀式なので、告別式とは分けて考えるようにしましょう。

告別式で行う内容

マイクとマイクスタンド

「お別れ会」や「偲ぶ会」のように、告別式を別日に行う場合を除くと、一般的な告別式は「葬儀から告別式へ」という流れになります。

しかし、告別式では宗教的儀式は行われないため、流れを考える際は「宗教儀式かお別れの儀式か」を分けて考えなければなりません。

では、葬儀から告別式の流れではどのようなことが行われるのか、その内容を紹介します。

告別式で行う内容
  • 僧侶による読経
  • 参列者による焼香
  • 弔辞・弔電拝読
  • 参列者によるお花入れの儀
  • くぎ打ちの儀
  • 喪主挨拶
  • 出棺

僧侶による読経

告別式の流れで最初に行われるのは、僧侶による読経です。

読経は宗教儀式になるため、正確には葬儀の内容になります。

しかし、別日で告別式を行う場合も最初に読経をいただいてからお別れ会に移行することも少なくありません。

読経をお願いするかしないかは、告別式の式次第にもよりますので、遺族や親族とよく相談してから決めるようにしましょう。

参列者による焼香

僧侶の読経に合わせて、参列者が故人へ焼香をします。

焼香には、良い香りを仏様に届けたり、お参りする人の身を清めてお悔やみの気持ちを届きやすくするといった意味があり、葬儀の流れで行われる告別式では一般的な儀式です。

ただし、「遺族・親族の焼香は宗教儀式」と考える人もいますので、周囲とよく相談してから決めましょう。

弔辞・弔電拝読

弔辞や弔電は、故人への思いや遺族へのお悔やみを伝えるものです。

弔電は、故人の訃報を聞いた人がすぐに手配をし、故人の自宅や葬儀場へ届けられます。

弔辞は、生前故人と深い交流があった人にお願いし、告別式で故人へ向けた手紙のような形式でご本人で呼んで頂きましょう。

故人の交友関係が広いと、届く弔電も多くなるので、事前にどの弔電を優先して読むかを選ぶようにしてください。

参列者によるお花入れの儀

お花入れの儀とは、葬儀場に飾られた供花を参列者が手にして、遺体が納められた棺の中へ手向ける儀式です。

お花入れの儀では、故人の最期の姿に一番近い場所でお別れできるので、多くの人にお花を手向けて頂くようにします。

 

お花入れの儀が終わると棺は閉じられ、故人の姿を再び見ることはできないので、お花入れの儀で本当にお別れを感じる人も少なくありません。

多くの人に花を手向けて頂き、心からのお別れができるよう努めましょう。

くぎ打ちの儀

くぎ打ちの儀とは、お花を手向けられた棺に蓋をして、遺族がくぎを打ち開かなくする儀式です。

ただし、近年では実際にくぎ打ちをするのではなく、棺に蓋をするだけというケースも増えてきました。

くぎ打ちの儀は遺族が最期のお別れをするための儀式ですが、地域によって方法が異なるので事前に確認するようにしましょう。

喪主挨拶

くぎ打ちの儀を終えて、遺族の手で棺を霊柩車に乗せたら、最後に喪主からの挨拶をします。

一般参列者は、お花入れの儀が終わった後にお見送りの場所へ誘導されていますので、整列している一般参列者の人達にお礼の気持ちを伝えましょう。

出棺

喪主の挨拶が済んだら、霊柩車を先頭にして火葬場へ向けて出棺します。

火葬場へ同伴する人は、送迎バスや自家用車に乗り込んで一緒に向かってください。

一般参列者の方は、出棺を伝える警笛を合図に手を合わせ、お見送りをしたら帰宅しましょう。

一般的な告別式の流れ

白菊

一般的な告別式は、宗教的な儀式の後に告別式という流れになっています。

したがって、初めて葬儀を取り仕切る場合は流れがよく分からず、段取りが掴めないという人も少なくありません。

そこでこの章では、一般的な告別式の流れについて、順を追って詳しく解説していきましょう。

一般的な告別式の流れ
  1. 開式の挨拶
  2. 僧侶入場
  3. 読経
  4. 引導
  5. 焼香
  6. 僧侶退場
  7. 弔辞・弔電
  8. 花入れの儀
  9. くぎ打ち
  10. 喪主挨拶
  11. 出棺

流れ①:開式の挨拶

一般的な告別式で最初に行われるのは、葬儀の開式の挨拶です。

開式の挨拶は、葬儀から告別式までを案内する司会者によって行われます。

多くの場合は、葬儀社から司会者を出して頂くことがほとんどなのですが、場合によっては遺族・親族が所縁のある人にお願いすることも可能です。

問題なく式を進められるのであれば、どちらのケースでも問題はありません。

適任の人がいればその人にお願いする、流れがわからなければ葬儀社へお願いするというように、状況に合わせて判断してみましょう。

流れ②:僧侶入場

開式の挨拶の後、読経を行う僧侶が入場します。

読経を行う僧侶は、所縁のある菩提寺にお願いするのが一般的です。

心あたりがない場合は、葬儀社に相談して読経をお願いできる僧侶を紹介してもらっても良いでしょう。

流れ③:読経

僧侶の紹介が終わり、司会者からの合図があったら、僧侶による読経が始まります。

多くの場合は僧侶のみで読経を行いますが、宗派によっては参列者にも唱和をお願いされることもありますので、司会の人の案内にしたがって対応しましょう。

流れ④:引導

引導とは、故人が戒名を授けられて、浄土に導かれることを言います。

引導は、読経の中で読み上げられる形式で行われますが、読経からの流れになっているのであまり意識する必要はありません。

ちなみに、宗派によっては引導の作法そのものがないこともありますので、きになる場合は事前に確認してみましょう。

流れ⑤:焼香

引導が終わったら、司会者から焼香の案内がされます。

焼香は、故人と一番近い関係にある遺族から親族、一般参列者の順番に行われますので、司会者の案内にしたがって焼香してください。

流れ⑥:僧侶退場

焼香が終わったら、故人を弔うための儀式がすべて終了し、僧侶が退場します。

僧侶の退場時には、遺族・親族・一般参列者は黙礼をしたり、司会者の案内にしたがって手を合わせ、僧侶を静かに見送りましょう。

流れ⑦:弔辞・弔電

僧侶が退場した後からが、告別式の式次第になります

弔辞がある場合は、司会者から弔辞の案内がされますので、弔辞を読む人は指定された場所へ移動して弔辞を読み上げましょう。

弔電は、事前に遺族と相談して選ばれた数通を、司会者が読み上げる形式で拝読されます。

内容まで読まれなかったとしても、弔電をくださった方のお名前だけはすべて読み上げることもありますので、詳細は必ず遺族と司会者で決めておきましょう。

流れ⑧:花入れの儀

弔辞・弔電拝読が終わったら、司会者の案内で席を立ち、花入れの儀を行います。

棺に入れる花は、葬儀場に飾られている花を葬儀社の人が抜き取り、黒いお盆に乗せて準備したものです。

棺の中を埋め尽くすように、遺体の顔が見えるように花を手向けていき、故人と最期のお別れをしましょう。

最後は遺族で花を手向け、できるだけたくさんの花で故人を見送ってください。

流れ⑨:くぎ打ち

花入れの儀が済んだ一般参列者は、一足先に葬儀場を後にして、葬儀社の案内で出棺の見送り場所へ向かいます。

その間に遺族はくぎ打ちの儀に入り、棺に蓋をしてくぎ打ちをしましょう。

実際にくぎ打ちを打ち込むかは、地域によっても判断が分かれますので、必ず葬儀社の指示にしたがってください。

流れ⑩:喪主挨拶

くぎ打ちされた棺は、遺族・親族の手によって葬儀場から霊柩車へ運ばれます。

霊柩車に棺が安置されたら、喪主はすでに整列している一般参列者に対しご挨拶をしましょう。

喪主の挨拶は、長くても400字詰の原稿用紙1枚半程度で大丈夫です。

 

緊張する場合は、あらかじめ解体書いた文章をカンペにして読んでも問題ありません。

ゆっくりと丁寧に挨拶し、一般参列者に心からのお礼を述べましょう。

流れ⑪:出棺

喪主の挨拶の後は、霊柩車と一緒に遺族・親族を見送る出棺です。

出棺の時は、長く大きな警笛が鳴らされますので、見送る参列者はそれに合わせて手を合わせましょう。

家族葬・小規模葬の告別式の流れ

家族葬の範囲

家族葬・小規模葬は、一般葬よりも自由度が高いので告別式も見送り方がさまざまです。

本当に数人だけで見送る場合はあえて式という形式をとらず、お通夜で一晩を過ごして花入れと出棺をするというケースもあります。

しかし、家族葬・小規模葬であっても最低限の儀式をして見送りたいという場合は、一般葬よりも少し規模の小さい告別式を行うことも少なくありません。

では、家族葬・小規模葬の告別式はどのような流れになるのか、具体的な内容を順を追って紹介しましょう。

家族葬・小規模葬の告別式の流れ
  1. 開式
  2. 僧侶による読経
  3. 焼香
  4. 僧侶退場
  5. 弔辞・弔電
  6. お花入れの儀
  7. くぎ打ち
  8. 喪主挨拶
  9. 出棺

流れ①:開式

最初に行われるのは、司会者による開式の挨拶です。

家族葬・小規模葬では参列者がかなり少ないので、司会は葬儀社にお願いした方が良いでしょう。

ごく数人の身内だけの式なら司会者無しでも良いですが、参列者が20人以上になると司会者の案内があった方が動きやすくなります。

参列者の人数に合わせて、式の進行の進め方を決めてください。

流れ②:僧侶による読経

家族葬・小規模葬でも、遺族の意向があれば僧侶による読経で故人を弔います。

参列者の人数が少ないケースでは、僧侶による読経の後に説法も頂き、仏様の教え遺族の気持ちが落ち着くお話をしてくれることも多いです。

一切の宗教色をなくし、「お別れ会」や「偲ぶ会」をする場合は、僧侶の読経はカットしても良いでしょう。

ただし、年配の人になると読経がないことに不満を抱えることもありますので、必ず遺族・親族と相談してから決めてください。

流れ③:焼香

僧侶による読経がある場合、そのままの流れで参列者による焼香が行われます。

読経がなく自由にお参りできる場合は、参列者が訪れた順に焼香したり、焼香ではなくお線香を立てて故人を偲ぶこともよくある傾向です。

焼香の流れが今ひとつ掴めないという場合は、家族葬・小規模葬を取り扱っている葬儀社に相談してみましょう。

流れ④:僧侶退場

焼香が終わったら、司会者の案内にしたがって僧侶が退場します。

参列者はその場で黙礼するか、合掌して僧侶を見送りましょう。

流れ⑤:弔辞・弔電

弔辞・弔電拝読から告別式の流れになりますが、家族葬・小規模葬では告別式がメインの流れになることが多いので、弔辞・弔電の拝読を長めに取ることがあります。

例えば、頂いた弔電をすべて壁に貼り、参列者全員がゆっくり拝読できるようにしたり、複数人に弔辞をお願いして故人を偲ぶという段取りを組むことも可能です。

どのような見送り方をしたいのか、具体的なイメージを持って周囲の人と相談してみましょう。

流れ⑥:お花入れの儀

棺へのお花入れは、一般葬と同じように供花を参列者に配って手向けます。

この時に、お花の代わりにお手紙を棺に手向けたり、故人の好物を手向けることも少なくありません。

お花でもお供物でも、故人への哀悼の心が込められていれば、立派な告別式の儀式です。

ただし、棺に入れるものには注意が必要なので、事前に遺族や葬儀社の人によく確認してから手向けるようにしましょう。

流れ⑦:くぎ打ち

お花入れの儀が済んだら、棺の蓋を載せてくぎ打ちをします。

地域によって、蓋を閉めるだけだったり実際にくぎ打ちしたりの判断が変わってきますので、葬儀社の指示にしたがってください。

流れ⑧:喪主挨拶

棺を霊柩車に乗せたら、参列者に向けて喪主の挨拶をします。

一般参列者はお見送りの場所に整列し、火葬場へ行く人は準備をしてください。

小規模葬でも30人を超えると、一般参列者の人も多くなりますので、一般葬の時と同じように喪主からご挨拶をしましょう。

流れ⑨:出棺

ご挨拶が済んだら、警笛の合図で出発する霊柩車を見送ります。

警笛の間は手を合わせ、故人を最後まで見送りましょう。

告別式の前に準備すること

焼香台と花

告別式では、一般参列者にも故人とのお別れをして頂くため、事前に準備をしておかなければならないことがあります。

では、告別式の前にはどのようなことを準備するべきなのか、その具体的な内容をお伝えしていきましょう。

告別式の前の準備
  • 弔辞をお願いする人を決める
  • 読み上げる弔電を選ぶ
  • 席順を確認する

準備①:弔辞をお願いする人を決める

弔辞のスピーチは、できれば故人との親交が深く、遺族ともお付き合いがある人が望ましいでしょう。

しかし、社会的なつながりなどを考えた場合、故人の仕事関係者の人にお願いするケースもあります。

つまり、告別式に参列する人によって、弔辞をお願いする人を決めなければなりません。

まずはどのような告別式にするのは具体的にイメージし、その告別式にふさわしい人に弔辞をお願いしましょう。

準備②:読み上げる弔電を選ぶ

弔電は、故人と直接関係があった人だけではなく、遺族が勤めている会社やお付き合いがある人からも届けられます。

せっかく送られてきた弔電ですから、全部拝読したいと思う人もいることでしょう。

しかし、あまりに多くの弔電は読み上げるのも大変ですし、葬儀から告別式という流れだと時間も限られてしまいます。

拝読する弔電は送られてきた人の立場や交流の深さも考慮して、事前に選んでおきましょう。

準備③:席順を確認する

告別席の席順は、次のような点を意識して決めなければなりません。

  • 故人の二親等内の遺族は祭壇に一番近い席
  • 故人の三親等以上は遺族に近い席
  • 告別式で弔辞を読む人はマイクに近く移動しやすい席

とくに弔辞を読む人は、司会者と事前に打ち合わせることもありますので、遺族に近く移動しやすい席に決めておきましょう。

告別式の流れを決める際の注意点

告別式の流れを決める際には、気をつけなければならないことがあります。

では、具体的どのような点に注意するべきなのか、告別式の流れを決める時の注意点をお伝えしましょう。

告別式の流れを決める際の注意点
  • 弔辞は早めにお願いする
  • 基本の流れを確認しておく
  • 疑問点は葬儀社と相談する
  • 遺族・親族とよく話し合う

注意点①:弔辞は早めにお願いする

告別式で読み上げられる弔辞は、短くても2分〜3分は掛かります。

これは、400字詰原稿用紙でおよそ2枚〜2枚半程度の長さで、場合によってはもう少し長くなることも珍しくありません。

これだけの内容の弔辞を用意するためには、どうしてもある程度の時間が掛かります。

告別式で弔辞をお願いする時はできるだけ早い段階で連絡して、余裕を持って原稿作成してもらえるようににしましょう。

注意点②:基本の流れを確認しておく

告別式は、遺族を含めた参列者にとって大切なお別れの儀式なので、ついあれこれと内容を詰め込んでしまいがちです。

しかし、あまりに詰め込んだ内容だとうまくタイムスケジュールが組めず、せっかくの内容を削らなければなりません。

まずは告別式の基本となる流れを確認し、それを軸にして理想的な告別式の流れを組んでみましょう。

注意点③:疑問点は葬儀社と相談する

告別式の流れを組んでいくと、どうしても疑問に思ったりうまくいかずに悩んでしまったりすることがあります。

そのような場合は、葬儀のプロである葬儀社と相談してみましょう。

とくに家族葬や小規模葬の場合、自由度が高い内容にできる分、うまく準備が進まないこともあります。

何か問題がある場合は、知識と経験が豊富な葬儀社に相談してアドバイスを受けてください。

注意点④:遺族・親族とよく話し合う

告別式は、宗教的儀式ではないものの、故人とお別れをする厳粛な儀式です。

したがって、あまりに基本から外れな内容にしてしまうと、遺族・親族から反対されるかもしれません。

告別式の流れと内容を決める際は、事前に遺族・親族とよく話し合って、お互いに納得の行く形式になるよう気をつけましょう。

まとめ

故人に最期のお別れを告げる告別式は、残された人たちが心の整理をつけるために行われる大切な儀式です。

告別式にも色々な形式がありますが、「故人への哀悼の意を伝える」という点を忘れず、心のこもった告別式になるよう準備をしてみましょう。

この記事を監修したのは、