直葬式とはどのような葬儀形態?費用相場や香典の要否からやり方・マナーまで

直葬式 直葬

直葬式(火葬式)の概要

お葬式の花

直葬式とは仏教における葬儀様式の一つですが、その葬儀はとてもシンプルで「必要最低限の葬儀を家族を中心に極めて少人数で執り行う葬儀」です。

そのため、通夜や告別式、葬儀にはかかすことができない仏具などは省略され、私たちが慣れ親しんだ葬儀の進行とはまったく異なります。

 

この記事では、まだまだ一般的とは言えないこの「直葬式」についてのみなさんの疑問を解消できるようにメリットやデメリット、葬儀にあたっての注意点、費用、葬儀の流れについて詳細に解説していきます。

直葬式についての理解を深めるうえで重要な内容をお伝えしていきます。

直葬式とは

直葬式とは、「一般葬」や「家族葬」で執り行う通夜や告別式を省略し、火葬のみを行う葬儀様式のことです。

そのため、ご遺体は自宅や病院から直接火葬場に運ばれ、火葬により弔われます。

 

法律により、遺体の火葬はその死後24時間は法律で禁止されています。

そのため、遺体は24時間以上安置されたのちに火葬が執り行われます。

また、この直葬式とは、別名次のように呼ばれることがあります。

  • 密葬
  • 火葬式
  • 炉前葬(ろまえそう)
  • 荼毘葬(だびそう)

直葬式が行われるようになった背景

2017年に行われた「いい葬儀」による「お葬式に関する全国調査」では、全国で執り行われる葬儀様式の分類が記載されています。

その調査によると、全国で最も多い葬儀様式は「一般葬」の52.8パーセント、ついて「家族葬」の37.9パーセント、そして「直葬式」は4.9パーセントとなっています。

直葬式の割合は高くはありませんが、東京都での割合は9.0パーセントと全国平均を大きく上回り、大都市ほど直葬式が広く普及し始めたことを裏付けるデータとなりました。

 

また、現在は豪華な葬儀を避け、静かに執り行われる葬儀が好まれる傾向にあります。

この理由としては次のようなことが挙げられます。

  • 近隣地域との関係が以前より希薄になった
  • 核家族化が広まった
  • 経済的な事情から
  • 高齢化社会の影響を受けて葬儀参列者が減少した

直葬式はこのような社会情勢を背景に執り行われるようになり、近年では都市部を中心に増加傾向にあります。

直葬式のメリット

お葬式の数珠

近年増加傾向にある直葬式ですが、まだまだ一般的ではないため、その葬儀様式全体を理解している方が少ない現状です。

ここでは、直葬式を検討する方に向けて、直葬を執り行う際に生じるメリットについて解説しましょう。

メリット①:葬儀参列者への対応が不要

直葬式は少人数で執り行われるため、葬儀参列者は家族やごく限られた近親者のみということが一般的です。

そのため、一般葬の様な葬儀業者への対応、葬儀運営にあたっての受付や参列者へのあいさつなどのを行う必要がありません。

メリット②:葬儀費用を抑えることができる

直葬式は通夜と告別式を省略するため、葬儀費用を大幅に抑えることができます。

葬儀費用の全国平均額に比べ、おおよそ10分の1ほどの料金で葬儀を執り行うことも可能です。

なお、費用については「直葬式の費用」の項目で解説します。

直葬のデメリット

お線香

ここまでは直葬式のメリットについて解説いたしましたが、直葬式にはデメリットもあります。

直葬式のデメリットについても十分に理解した上で、心残りのない葬儀様式を選択するよう心がけましょう。

デメリット①:葬儀に参列を希望する方への配慮が必要

メリットのところで解説したように、直葬は極めて少人数で執り行われるため、葬儀参列者はご家族や近親者のみという場合が一般的です。

そのため、招待できる参列者が限定され、故人と生前親しかった方などから参列を希望してもかなわなかったと苦情が出る場合があります。

そのような場合、葬儀に参列できなかった方のために後日お別れ会や弔問の場を設け、葬儀に参列できなかった方を配慮する必要があります。

デメリット②:親族から理解を得る必要がある

葬儀様式全体で考えると、直葬式はまだまだ一般的な葬儀様式とは言えません。

そのため、伝統や格式を重んじる方の中には、葬儀を簡略化した直葬式にあまり良いイメージを持たれない方もいます。

 

また、親族の中には、慣れ親しんだ葬儀洋式で故人の最後を落ち着いた気持ちで見送りたいと考える方もいるでしょう。

葬儀様式の違いから葬儀後のトラブルとならないよう、親族の方とは十分に話し合い直葬に関する相互理解を深めた上で葬儀は執り行わなければいなりません。

デメリット③:菩提寺に納骨できない場合がある

ご遺骨を納める菩提寺が既に決定している場合、納骨をことわられる場合があります。お寺は信仰する宗派の教えにしたがい葬儀を執り行います。そのため、お通夜と告別式を省いて執り行われる直葬は、宗派の教えを軽んじていると捉えられることがあるからです。

直葬を執り行う場合は、事前にその旨を菩提寺の住職に相談し判断する必要があります。

直葬式を執り行う際の注意点

お葬式での対応

上記解説のように直葬にはとても魅力的なメリットもありますが、同時に対応が必要なデメリットもあります。ここではデメリットとなる事柄以外にも、直葬を執り行うにあたって注意しなければならないポイントを3つにしぼり解説します。

注意点①:遺体を安置する場所の確保が必要

先ほどお伝えしたように、臨終を迎えてから24時間は火葬を執り行うことができないと法律で定められていますが、この間ご遺体を病院で安置することはできません。

そのため、直葬を執り行う場合は火葬するまでの間、遺体を安置する場所が必要となります。

 

自宅にご遺体を安置する場所が確保できるなら安置場所として最適です。

しかし、それがままならず安置場所がない場合は、棺に遺体を納めた状態で火葬場の霊安室に安置することができます。

ただし火葬場によってはご遺体の夜間の受け入れができない場合も多く、安置場所の有無を含め受け入れ時間の確認は必須です。

注意点②:菩提寺とトラブルに発展しないよう対処が必要

直葬式は納骨をめぐり、菩提寺とトラブルになるケースがあります。

一般的な葬儀では、個人は僧侶に戒名をもらい、読経が行われた後に先祖が眠る菩提寺のお墓に納骨されます。

一方で、直葬では基本的にはこれらの宗教的な儀式をいっさい省いて火葬のみを執り行います。

この行為に対し、菩提寺の住職の考え方次第では、納骨を断られトラブルに発展しまうのです。

 

ただし、納骨を断られた場合であっても、炉前読経や四十九日の法要を依頼することで納骨してもらえる場合もあります。

いずれにせよ、菩提寺がある場合は納骨に関する相談は必ずしなければなりません。

注意点③:役所からの「給付金」が支給されない場合がある

故人が国民健康保険や社会保険に加入していた場合、条件に該当すると「葬祭費用」や「埋葬費用」といった名目で給付金を受け取ることができます。

また、故人が国民健康保険の加入者の扶養家族であった場合でも、申請することで葬祭費用が支給されます。

しかし、直葬の場合ではこの給付金の支給条件に該当しない場合があり、担当の役所への確認が必要です。

直葬の費用

お葬式の費用計算

直葬式のメリットの項目でも触れたように、直葬の費用は葬儀費用の全国平均額の約190万円と比較してその10パーセントほどの料金で執り行うことが可能です。

ただし、まったく宗教儀式をしないことに抵抗がある方は僧侶を呼び、炉前読経を行います。

この場合、直葬費用以外に5万円ほどのお布施が必要となります。

費用の相場

一般葬と比較して費用が安い直葬式ですが、その中でも一番簡易的な葬儀プランでは13万円ほどからあります。

ただし、こちらのプランでは、遺体の枕元にかざる枕飾りもなく、お位牌もありません。

直葬式の一般的な葬儀プランでは、白木の位牌や遺影写真がついたものが20万円ほどであり、この料金が直葬費用の相場と言われています。

 

ただし、この料金には僧侶へのお布施は含まれていません。

読経を希望する場合は、この料金に加えて5万円から10万円ほどが必要となります。

そのため、直葬式の費用相場は20万円から30万円と言えるでしょう。

直葬は費用を抑えられる?

直葬を執り行う場合、必要となる品やサービスには次のものがあります。

  • ご自宅以外に遺体を安置する場合に葬儀業者指定の安置施設を利用する際の「安置施設使用料」
  • 病院から安置所・安置所から火葬場までの遺体の「運搬費用」
  • 遺体を火葬する「火葬場の使用料金」
  • 棺・骨壺・花束代などの「物品費用」
  • 時間経過による遺体の損傷を軽減する「ドライアイス代」
  • 葬儀に関する事務手続きを代行して行ってもらう「事務代金費用」
  • 葬儀業者の人件費などの「運営スタッフ費用」

葬儀業者を介して直葬を執り行う場合は、上記の内容が葬儀料金の総額にすべて含まれた金額です。

葬儀内容はある程度は業者との話し合いの中で決定されるため、ご自身が作業可能な内容を業者に申告し、その分の費用を総額から差し引くことで費用総額をおさえることが可能です。

直葬を執り行う具体的な流れ

棺桶

通夜や告別式を執り行わない直葬式は、遺体が火葬されるまでの工程がかなり簡素化されています。

ここでは、実際に直葬式を執り行う場合の流れについて、どのように進行されるのか、臨終からお骨上げまでを順番に解説します。

流れ①:臨終

故人が病院で臨終を迎えた場合、遺体を安置できる場所へと移動させなくてはなりません。

このご遺体の移動は、通常は葬儀業者や運送業者に依頼して行われますが、ご自身で自家用車にてご遺体を移動させることも可能です。

その場合、医師から渡された「死亡診断書」を携行する必要があります。

流れ②:お迎え・ご遺体の安置

遺体は、臨終から24時間は火葬することができないと法律に定められています。

そのため、一度遺体を安置する必要があり、一般的には故人のご自宅に安置されます。

ただし、自宅に安置できない事情がある場合は、火葬場の安置施設か葬儀業者が所有する専用の安置施設に安置されることになります。

流れ③:納棺・出棺

火葬場の予約が取られたら、遺体は棺に納棺され安置している場所から出棺されます。

遺体はとても不安定であり、棺に納めなければ移動中の車内にぶつかり損傷する恐れがあります。

また、臨終からの時間経過とともに、体液が漏れ出すこともあります。

 

遺体の運搬をご自身でする場合はそれらを考慮し、棺が収まる大きめのワゴン車を用意する必要があります。

ご自身がお持ちでない場合、事情を説明しレンタカーを利用することも可能です。

流れ④:火葬

火葬場に到着後、まずは火葬場職員に「火葬許可書」を渡し、案内に従って火葬場に入ります。

火葬前には5分から10分ほど故人との最後のお別れの時間が設けられています。

最後のお別れが終わったら、火葬が執り行われます。

流れ⑤:お骨上げ

火葬時間は故人の体格・性別・年齢により異なりますが、おおむね2時間ほどで終了します。

火葬が終了しお骨上げを行いお骨を骨壺に納めたら、火葬場職員から「火葬許可書」を返却してもらいます。

これで直葬式は終了です。

直葬式を執り行う3つの方法

遺骨を持つ男性

一般的に、葬儀は病院から指定された葬儀業者を介して執り行われます。

ただ、この方法以外にも直葬式を執り行う方法はあります。

ここでは、指定葬儀業者以外で直葬を執り行う3つの方法について解説していきましょう。

方法①:葬儀業者を自身で選ぶ

自身で納得できる葬儀業者を選別し、直葬式に携わる方法です。

葬儀業者に作業を依頼する場合、遺体の運搬・安置・納棺を行っている間に直葬式に関する打合せをします。

 

直葬式は一般的な葬儀と異なり、葬儀に関する装飾品や葬儀を執り行う葬儀場がなく簡素な葬儀であることから、葬儀担当者の人柄が出る葬儀です。

業者の選定は料金や葬儀内容だけでなく、葬儀担当者の人柄もとても重要な要素です。

方法②:葬儀仲介業者に依頼する

葬儀仲介業者は、葬儀業者を探している方に対してインターネット上で広告を掲載し、葬儀業者を紹介する事で手数料を得ている業者です。

この葬儀仲介者を介して葬儀業者に依頼する場合、葬儀費用を抑えることができます。

 

ただ、中には追加料金を請求されるケースや、質の低い葬儀が行われていることが報告されています。

そのため、契約に際しては契約内容や作業内容を十分に理解し、誠実で信頼できる葬儀業者であると感じた葬儀業者を選択しなければいけません。

方法③:すべて自身で葬儀を執り行う

直葬式はとても工程が少ない葬儀であるため、あらかじめ必要な備品を用意することで、葬儀のすべてをご自身で執り行うことも可能です。

また、経済的な事情で直葬を選択する場合、葬儀業者を介さないことでさらに葬儀費用を抑えることが可能です。

死亡届の提出や火葬許可書などの専門の届けは必要ですが、作業自体は難しいものではありません。

直葬のマナー・服装・香典

お葬式に参列する女性

直葬式は一般的な葬儀とは異なり少数の身内で執り行う葬儀ですが、葬儀の際のマナーにはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、直葬に参加する際に気をつけなければならないマナーについて解説します。

直葬のマナー

直葬時のマナーでは、「通夜ぶるまい」と「香典」の2点が一般葬とは異なり気を付けなければならないポイントです。

それぞれについて解説しましょう。

「通夜ぶるまい」の場は設けないことが一般的

一般葬では、お通夜の後に「通夜ぶるまい」を行い、参列者が食事をとる場が設けられます。

一方で、直葬式では食事の場が設けられることはありません。

ただし、火葬場に食事が提供できる施設がある場合、火葬を待つ間に食事の場が設けられる場合もあります。

「香典」は原則不要

直葬式は参列者が家族のみの場合が多く、その場合は香典は不要です。

ただし、家族以外の方が直葬に参列する場合、喪主から香典を辞退する旨を知らされていない場合、一般葬同様に香典が必要です。

 

直葬の香典の有無はお住まいの地域により事情が大きく異なるため、上記の限りではありません。

その地域にお住いの方で直葬式を経験されている方がいれば、事前に香典については確認することをおすすめします。

服装に関するマナー

直葬式に参列する方は家族やごく近しい方に限られ、通夜や告別式があるわけではありません。

そのため、喪服を着用しなければならないという決まりはありません。

 

ただし、故人の最後をお見送りする大事な儀式であることに変わりはありません。

黒を基調としたスーツやワンピースなどが好ましい服装と言えるでしょう。

香典

先ほどお伝えしたように、原則として香典は不要ですが、故人と参列者との関係や喪主の意向、お住まいの地域などで事情は異なります。

参考までに、香典費用の相場は次のとおりです。

  • 祖父母:1万円ほど
  • 両親:5万円から10万円ほど
  • 兄弟姉妹:1万円から5万円ほど
  • 職場関係:5千円ほど

直葬式では受付がないため、香典はご遺族に直接手渡すか、祭壇に供えることが一般的です。

まとめ

家族写真

近年増加傾向にある直葬式について解説しました。

直葬式を執り行う際の最大の利点は、葬儀費用に関して遺族の負担する費用を最大限軽減できる点です。

しかし、同時に直葬式は馴染みのない葬儀様式であるため、さまざまなデメリットがあり、特に年配の方はその葬儀様式についていぶかしむ傾向があることもまた事実です。

 

ただ、直葬は今後まずます変化する社会情勢や宗教観の変化に伴い、今後も増加することが見込まれています。

故人もご遺族もすべての方が安心して納得した中で直葬式という葬儀様式が選択できるよう、今回紹介した内容をよく吟味して葬儀様式を決定してもらえれば、その選択がみなさんにとっての最良の葬儀となることでしょう。

この記事を監修したのは、