葬式の流れを確認!危篤~安置~納棺~お通夜~葬式~火葬まで

葬式の流れ 一般知識・マナー

故人が亡くなられた後、遺族は遺体の引き取りから火葬までの流れを短時間で決めなければなりません。

故人が生前に終活をして、ある程度お葬式の準備が整っている場合は良いのですが、急な不幸によるお葬式の準備は、遺族にとって心身共に大きな負担となります。

そこで今回は、もし故人が亡くなった場合どのような流れでお葬式が行われるのか、時系列に沿って詳しく紹介します。

危篤から安置までの流れ

遺族が最初に直面する問題は、故人の危篤から安置までの流れです。

多くの場合、危篤状態の故人は病院で最期までケアを受け、家族が立ち会った状態で故人を看取ります。

では、危篤の知らせを受けた家族は病院についたときどのような経緯を辿るのか、危篤から遺体の安置までの流れを紹介します。

危篤から安置までの流れ
  • 危篤〜臨終
  • エンゼルケア〜葬儀社に連絡
  • 遺体の搬送〜安置

危篤〜臨終

故人が入院している病院から危篤の知らせを受けたら、その家族は速やかに病院へ出向きます。

このとき、知らせを受けた家族のうちすぐに動ける人は即座に移動し、仕事中や出先で連絡を受けた人は周囲に断りを入れて病院へ行きましょう。

 

病院に着いた家族は医師から状況の説明を受け、その内容をまだ来ていない家族や親族に連絡してください。

危篤状態から臨終の判断は、病院の医師によって行われます。

故人の死亡が確認されたら、臨終の判断をした医師により死亡診断書が作成されますので、家族はその間に故人の荷物をまとめたり、仕事先や学校・連絡が必要な人に故人の逝去を報告しておきましょう。

エンゼルケア〜葬儀社に連絡

ご臨終を迎えた故人の遺体は、エンゼルケアと呼ばれる処置が施されます。

エンゼルケアとは、故人の遺体をアルコールなどで清拭したり、傷や治療痕を塞いで生前のように遺体を美しく整える処置のことです。

遺体からの感染症を防いだり少しでも傷や治療痕を見えないようにしたりして、遺族の心の負担を減らす目的があります。

 

さらに、故人がペースメーカーなどを装着している場合は、エンゼルケアの際に取り外して貰うなどの処置が必要です。

ペースメーカーが遺体に埋め込まれているままだと、仮想の際に爆発して火葬場の人が怪我をすることもありますので、ペースメーカーが埋め込まれている場合はその旨を医師に伝えてください。

エンゼルケアの多くは病院の看護師の手によって行われますが、ケアに力を入れている病院では、遺体の清拭を遺族と一緒に行うことも少なくありません。

 

エンゼルケアは約1時間ほど掛かりますので、遺族はその間に葬儀社へ連絡し、状況を伝えて遺体の搬送を依頼してください。

もし故人が怪我や事故などで急逝し、どこの葬儀社へ連絡すればよいか悩む状況の場合は、病院のスタッフや家族・親族で話し合ってできるだけ早く葬儀社を手配するようにしましょう。

故人が終活ですでに葬儀社を手配している時は、連絡先の葬儀社へその旨を伝えてください。

遺体の搬送〜安置

エンゼルケアが終わり医師から死亡診断書を受け取ったら、故人の遺体を搬送して安置します。

葬儀社の搬送車に遺体を乗せ、指定した場所まで遺体を搬送しましょう。

 

遺体を安置する場所は、そのほとんどが故人の自宅になります。

もし自宅がマンションなどの集合住宅で、遺体の搬送自体が難しいという時は、葬儀会場に遺族の控え室を用意してそちらに安置してください。

故人が一人暮らしで自宅に安置できないという場合は、喪主となる人の家か葬儀会場の控え室に安置しましょう。

連れ帰った遺体は、葬儀社が用意した安置用の布団や、処分してもよい布団を用意して安置してください。

打ち合わせから納棺の流れ

故人の遺体を安置したら、遺族はお通夜とお葬式に関するさまざまな事柄を決めなければなりません。

しかし、あまりに多くの事柄を短時間で決めなければならないので、遺族は葬儀社や親族と詳細な打ち合わせが必要です。

ここでは、遺族が行うべき打ち合わせの具体例と、納棺までの流れをご紹介します。

打ち合わせから納棺の流れ
  • お通夜と葬式の打ち合わせ
  • 各方面への連絡・手配
  • 納棺

お通夜と葬式の打ち合わせ

遺体の安置後にすぐ行わなければならないのが、お通夜とお葬式の打ち合わせです。

この打ち合わせで大まかな流れを決め、遺族・親族・葬儀社がやるべきことを役割分担していきます。

そのため、少しの疑問や不安な点もしっかりと相談しながら決めていきましょう。

 

お通夜とお葬式で打ち合わせる主な内容と、決める順番は次のとおりです。

わからない部分は葬儀社の担当の人に相談し、漏れがないように注意しましょう。

打ち合わせの内容と順序
  1. 火葬日を決めて予約する
  2. お通夜の日を決める
  3. お葬式の日を決める
  4. 僧侶へ連絡する
  5. 供花や仏具・会葬御礼品などを決める
  6. 通夜振る舞いの食事やお茶菓子・飲み物の相談をする
  7. 送迎バスの手配
  8. 受付や案内係といったお手伝いの相談をする

各方面への連絡・手配

打ち合わせである程度の流れが決まったら、各方面へ連絡し必要なものを手配します。

例えば、お手伝いが必要ならその旨を該当する人にお願いしたり、通夜振る舞いの料理の予約や、遠方からの参列者の宿泊場所の手配といった内容です。

お通夜やお葬式で連絡する場所はかなり多いので、できれば打ち合わせの時にやるべきことをリストアップしておき、連絡漏れ・手配漏れがないよう注意してください。

特に、遺族が連絡・手配をする場合、心身ともに負担がかかり不手際が起こる可能性もありますので、不安があるときはお互いにチェックして、無事にお通夜とお葬式ができるよう準備をしましょう。

納棺

打ち合わせが済み、各方面への連絡・手配と前後する形で行われるのが、故人の遺体の納棺です。

納棺では、故人の遺体を丁寧に清拭、または湯灌して死装束を着せ、棺に納めて旅立ちに必要な品物を納棺します。

一般的に納棺に納められるのは、故人の大切にしていた物や思い出の品、お花、好物だった食べ物などです。

水分の多い食べ物や金属は、火葬の妨げになるので入れないようにしましょう。

 

厚みのある本や生きている人の写真なども、棺に納める品物としては相応しくありません。

納棺する前には、棺に納めてはいけないものを事前によく確認してください。

納棺が済んだら棺を搬送車に乗せ、遺族も準備をしてお通夜とお葬式の会場へ移動しましょう。

お通夜の流れ

葬儀の祭壇と花

お通夜の会場へ移動したら、すぐにお通夜の準備に入ります。

打ち合わせからお通夜までは遺族も慌ただしいため、事前にお通夜の流れを理解しておくことが大切です。

では、お通夜の会場へ移動した後はどのような流れになるのか、一般的な流れを順番に紹介します。

お通夜の流れ
  • 開式1時間前に遺族・親族集合
  • 開式30分前に受付開始
  • お通夜
  • 通夜振る舞い

開式1時間前に遺族・親族集合

故人の遺族と親族は、お通夜の開式1時間前に会場へ集まるようにします。

この1時間の間に行うのは、葬儀場の人との打ち合わせや弔電・供物・供花の確認、受付の準備と通夜振る舞いの確認などです。

お通夜の規模によって準備時間は異なりますが、故人の交友関係が広く多くの参列者が予想される場合、受付でお渡しする会葬御礼品や通夜振る舞いの料理が足りなくなることも少なくありません。

遺族と親族は、最低でも開式1時間前には会場に集まっておき、会葬礼品の数や補充の段取り、通夜振る舞いの料理の確認、お通夜の儀式の段取りを葬儀社の人とよく相談しておきましょう。

開式30分前に受付開始

お通夜の開式30分前になると、一般参列者が会場へ集まり始めます。

受付係の人は、開式の30分前には所定の場所についておき、一般参列者の受付を始めてください。

受付には、最低でも2人〜3人は必要です。

芳名帳をお願いする人、香典を管理する人、会葬礼品を渡す人と役割分担を決めておきましょう。

 

また、例え故人との血縁関係がなかったとしても、受付の人は一般参列者が最初にご挨拶する遺族の代表なので、丁寧にお辞儀をして芳名帳への記載をお願いし、香典を受け取って会葬礼品を渡してください。

受付の人もお通夜の儀式には参列しますが、場合によっては会場へ遅刻してくる一般参列者もいます。

お香典をそのままにしておくことも危険なので、受付係の交代をどのようにすれば良いのか、事前に葬儀社の人と相談しておきましょう。

お通夜

開式時間になったら司会の人から開式の言葉があり、お通夜の法要を行う僧侶が入場します。

遺族は最前列に近い場所へ座り、参列者は席が埋まるようできるだけ詰めて着席してください。

 

法要の最中は、携帯などの電源を切り退出しないことがマナーです。

小さな子どもを連れていたり、何かしらの理由で席を立つ可能性がある場合は、できるだけ通路寄りの場所へ着席してお通夜に参列しましょう。

お通夜の儀式に掛かる時間は、平均すると約1時間です。

通夜振る舞い

お通夜の儀式が終わると、一般参列者は通夜振る舞いへ案内されます。

通夜振る舞いは、遺族からのお礼の気持ちであると同時に、故人への哀悼の意を伝える大切な席なので、お声掛けを頂いたらできるだけ参加しましょう。

もしお通夜の後に用事がある場合は、遺族へ丁寧にご挨拶をしてから退席してください。

 

通夜振る舞いが行われる時間はまちまちですが、地域によっては夜中を過ぎるまでお開きにならないこともあります。

しかし、翌日にはお葬式がありますし、遺族が休む時間も大切ですので、長くても2時間〜3時間を目処にして早めに帰宅するようにしてください。

葬式の流れ

お通夜の翌日には、故人のお葬式が行われます。

基本はお通夜のときと変わりませんが、お葬式の後には火葬もあるため、遺族は朝から段取りを考えなければなりません。

ここでは、一般的なお葬式の流れをご紹介しますので、順を追って確認していきましょう。

葬式の流れ
  • 開式1時間前に遺族・親族集合
  • 開式30分前に受付開始
  • 葬式
  • 出棺

開式1時間前に遺族・親族集合

故人の遺族と親族は、開式の1時間前に会場へ集合し、お葬式の準備と段取りの確認をします。

受付の準備や弔電などの確認はお通夜と変わりませんが、1つだけ追加して確認しておかなければならないのが火葬場への移動についてです。

遺族と親族が火葬場へ向かう場合、送迎バスや自家用車での移動が一般的です。

バスや自家用車で移動する場合、季節や天候によっては交通状況が悪くなったり、土地勘がなく自家用車での移動で道に迷うことも珍しくありません。

火葬場の予約時間は決まっていますので、トラブルで遅れないよう交通状況を確認したり、道順を確かめてスムーズに移動できるようにしておきましょう。

開式30分前に受付開始

開式30分前になったら、お葬式の一般参列者が集まり始めます。

受付係の人は、お通夜の時と同じように役割分担をして担当場所につき、一般参列者を出迎えるようにしましょう。

お葬式の場合も、諸事情で遅れてくる参列者がいる可能性がありますので、開式の前になったら葬儀社の人や交代する人に声を掛け、受付が無人にならないよう気をつけてください。

葬式

開式の時間になったら、司会の人が開式を宣言して僧侶が入場します。

故人に近しい遺族の順で最前列から順番に着席し、できるだけ席を詰めてまばらな席がないようにしましょう。

 

お葬式の法要でも、途中退席したり式を乱す行為はマナー違反です。

何らかの理由で退席する可能性がある人は、あらかじめ通路側の席に座って式を乱さないように心がけ、携帯もマナーモードにしてください。

お葬式に掛かる時間は、平均すると約1時間半ほどです。

出棺

お葬式の法要が済んだら、故人の出棺になります。

出棺準備では、会場に手向けられていた供花を参列者が手に取り、最後のお別れをしながら棺に納めていきますので、自分の番が来たら速やかに花を手に取り最後のお別れをしましょう。

 

一般参列者は、花を手向けた後外へ向かい、出棺を見送るための列を作ります。

遺族と親族は、棺に蓋をしたら数人で棺を持ち上げ、静かに霊柩車へ棺を納めましょう。

棺を納めたら、遺族は送迎バスや自家用車などに乗り込み、火葬場へ出棺します。

火葬場から直接帰宅する予定の人は、会場に忘れ物がないかをよく確認してください。

火葬の流れ

霊柩車

棺を乗せた霊柩車と遺族・親族が到着したら、火葬場で本当に最後のお別れをします。

ここでは、火葬場についた後の流れを紹介していきましょう。

火葬の流れ
  • 火葬開始
  • 待合室で待機
  • お骨拾い
  • 帰宅

火葬開始

火葬場に棺が到着すると、火葬場の人が棺を運ぶために待機しています。

霊柩車から棺を専用の運搬台へ移動させ、火葬場の人の指示に従って火葬炉の前に移動してください。

最後にもう一度手を合わせ、棺を火葬炉へ送り出して喪主の人がスイッチを押したら火葬が開始されます。

待合室で待機

火葬に掛かる時間は、大人の遺体で約1時間半です。

遺族と親族は割り当てられた待合室で待機し、火葬場からの案内があるまで静かに過ごしましょう。

もし繰り上げ法要を行う場合は、この時間を利用して行います。

事前に火葬場の人とも相談しておき、仕出し弁当などの簡単な食事を手配しておくと良いでしょう。

お骨拾い

火葬が終了したら、火葬場からの案内に従いお骨拾いをする部屋へ移動します。

お骨拾いには拾う順番がありますので、火葬場の人の指示を受けてお骨を拾い骨壺の納めましょう。

骨壺にお骨を納めたら火葬は終了です。

お骨拾いが終わったら火葬場からの案内に従って受付まで移動し、火葬料金を支払って火葬証明書を受け取りましょう。

帰宅

お骨拾いまでが済んだら、火葬場を後にしてそれぞれに帰宅します。

送迎バスで移動した遺族・親族はいったん葬儀場へ向かい、預けてある荷物を引き取ってください。

使用していた遺族の控室も綺麗に整え、葬儀社の人にご挨拶をしてから帰宅しましょう。

葬式の流れを決める際の注意点

祭壇前の焼香台

お葬式の流れを決めるためには、気を付けなければならないことがあります。

では、具体的にどのような点に注意するべきなのか、お葬式の流れを決める際の注意点を紹介しましょう。

葬式の流れを決める際の注意点
  • 必ず日程から決める
  • お手伝いできない人は早めに断る
  • わからない点は葬儀社と相談する

注意点①:必ず日程から決める

お葬式の流れを決める際は、必ず日程から決めるようにします。

その理由は、火葬場の予約が取れなければ日程を決めることができないからです。

実は、都心部の火葬場では予約が混み合うことが多く、他のことから決めて日程決めを後回しにすると、希望する日に火葬ができないこともあるのです。

 

一般的に、火葬はお葬式と同じ日に行われますから、火葬場の予約が取れれば自動的にお葬式の日もお通夜の日も決まります。

お葬式の流れを決める時は、必ず日程から決めていくようにしましょう。

注意点②:お手伝いできない人は早めに断る

お葬式のお手伝いを申し入れられた時、基本はできるだけ手伝うようにするべきなのですが、どうしても難しい場合は早めに断るようにしましょう。

お葬式のお手伝いをお願いする遺族は、すでに「請け負ってくれる」と思っている人も少なくありません。

もし断るタイミングが遅れたら、遺族は忙しい中で他の人を急遽探さなければならなくなり、精神的にも負担を掛けてしまいます。

お手伝いができない人は、遺族が次の人を探せるよう、できるだけ早めに断るようにしましょう。

注意点③:わからない点は葬儀社と相談する

お葬式では、昔ながらのしきたりやわからないことが多いため、すべてのことを自分たちでやろうとすると大きな負担になります。

特に、初めてお葬式を出す側になった人はあまりに決めることが多くパニックを起こしたり、不手際を招くことも少なくありません。

少しでもわからない点があったら、必ず葬儀社の人と相談して解決し、落ち着いて心のこもったお葬式になるよう流れを組みましょう。

まとめ

お葬式の流れは、一見すると決めることが少ないように見えますが、かなり細かな部分で気をつけるべきことが多いです。

あらかじめある程度の知識を持っていれば、いざという時に慌てることがありません。

お葬式の流れをよく確認してから行動するようにしてみましょう。

この記事を監修したのは、