香典の数字・金額の正しい書き方は?併せて知っておきたいマナーも!

香典の数字 一般知識・マナー

香典の数字の書き方の作法

香典

葬儀参列時に持参する香典は、香典袋に数字(金額)を必ず明記します。

この際の数字の表記方法は、あらかじめ決められた作法に従って書かなければなりません。

 

そのため、この作法を知らないと誤った表記の香典袋を受付で渡すことになり、恥ずかしい思いをします。

そうならないためにも、ここでは香典の金額の書き方の作法について詳しく解説していきます。

 

また、香典の相場費用や宗教によって異なる事表書きの書き方など、香典にまつわるマナーについても合わせて紹介。

まずは、香典の金額を書く際の作法からお伝えしていきます。

作法①:縦書きの場合は漢数字(大字)

香典袋が縦書きの場合は、私たちが日常で使っている漢数字ではなく、「大字」と呼ばれる漢数字を使い金額を記載します。

この「大字」とは旧字体の漢数字のことで、身近なところではお札などに書かれている数字です。

 

また、契約書などで金額を記入する場合にはも大字が使われます。

複雑な大字を使うことで、金額を改ざんできないようにすることが目的です。

 

香典袋に記入する際は「金○○圓」と書きます。

「圓」は「円」の大字、○○は金額で大字で明記することが基本です。

 

また、「也(なり)」を最後につけて「金○○圓也」と明記することが昔からの習慣であることから、正しい金額の明記方法だと言われています。

続いては、具体的な金額の記入例について解説しましょう。

大字を使った記入例

  • 三千円の場合:「金参仟圓」
    • 「参」は「三」の大字、「仟」は「千」の大字
  • 五千円の場合:「金伍仟圓」
    • 「伍」は「五」の大字
  • 一万円の場合:「金壱萬円」
    • 「壱」は「一」の大字、「萬」は「万」の大字

作法②:横書きの場合は算用数字(アラビア数字)

香典袋によっては、稀に金額を記入する欄が「横書き」で設けられている場合があります。

その際は、私たちに馴染み深い算用数字(アラビア数字)で金額を明記しても構いません。

 

ただし、この場合は必ず算用数字を使わなければならないわけではありません。

算用数字が気になる方であれば、縦書きと同様に大字を使用しても問題はないでしょう。

算用数字を使った記入例

  • 三千円の場合:「金3,000円」
  • 五千円の場合:「金5,000円」
  • 一万円の場合:「金10,000円」

漢数字(大字)の正式な表記例

香典で使用する数字には大字を使用することをお伝えしました。

この大字には次のようなものがあります。

なお、「四」は「死」、「九」は「苦」を連想させるため、香典でこれらの数字が使われることはありません。

そのため、表中には記載していません。

一般の漢数字 大字

香典の金額を書く場所

2万円の香典

香典袋には空白部分が多くあるため、金額を記入する場所について迷ってしまう方もいるでしょう。

ここでは、金額を記入する場所はどこが良いのかについて解説します。

一般的には中袋に書く

一般的に、香典袋はのし袋と中袋でできています。

香典袋に中袋がある場合は、この中袋の表側に金額を明記しましょう。

香典袋の中袋に金額欄が設けられているタイプでは、その記入欄に従います。

中袋がない場合はのし袋の裏面に書く

地域によっては、中袋があることで袋が二枚となり「不幸が重なる」と連想されることから、中袋がない香典袋が販売されていることがあります。

この場合は、香典袋の裏側に金額を明記しましょう。

香典のお金にまつわる3つのマナー

香典を手渡す女性

香典には、数字の書き方以外にもさまざまなマナーがあります。

ここでは、金額以外のマナーについて解説していきます。

マナー①:お札は旧札を準備を準備する

香典に使うお札は、ある程度使用感があるものを用意することがマナーとされています。

これは、故人が亡くなることを予想して新札を用意していたと、遺族側から思われないようにするためです。

どうしても新札しかなく時間の余裕もない場合は、新札に折り目をつけて香典用のお札とすることがマナーとされています。

マナー②:金額は薄墨を使用する

故人に対して弔意を示すという意味合いから、香典の金額は薄墨を使って書くことがマナーとされています。

薄墨を使って書く際には、筆ペンや毛筆を使用します。

サインペンやボールペンは略式の書き方とされているため、できるだけ控えましょう。

マナー③:お金は裏向きにする

香典袋にお札を入れる際は、お札の肖像を裏側にして、さらに肖像が下向きになるように入れることがマナーとされています。

これは、お札を出した際、肖像が見えないようにという古くからのしきたりです。

また、お札はすべて向きを同じく、角をそろえて入れることも重要です。

香典の費用相場

数珠と香典

香典の費用相場は、故人との生前の関係性によって異なります。

ここでは、故人との関係性を例に、香典の費用相場についてお伝えしましょう。

故人と親しい関係の場合

故人とは血縁関係はないが、親しい間柄の場合は1万円から3万円が費用相場です。

例えば、普段からお互い時間を取って一緒の時間を過ごす間柄や、ビジネス関係で親しくしていた方が該当します。

故人と一般的な関係の場合

故人とは友人・知人の関係であったけれども、そこまで親しい関係ではない場合は5千円から1万円が費用相場です。

生前に特別な付き合いがなかった場合は、費用も必要最低限で十分でしょう。

故人が親族の場合

故人が親族の場合は1万円から3万円が費用相場です。

ただし、故人が自分にとって身近で特に大切な存在だった場合は、この相場より多く香典を包む必要があるでしょう。

例えば、両親の場合では5万円から10万円以上、兄弟姉妹では3万円から5万円が費用相場です。

香典袋の表書きの書き方

花に包また香典

香典袋の表書きは、その香典の題目となることばを書きます。

しかし、表書きは宗教や宗派によってさまざまな書き方があり、決められた表書き以外はマナー違反になるため注意が必要です。

ここでは、香典袋の表書きの適切な書き方について、宗教や宗派ごとに分けて解説していきます。

仏式葬儀

国内では仏式の葬儀が最も多く、ほとんどの宗派では香典の表書きには「御霊前」と書くことが一般的です。

「御香料」と書く場合もあり、仏式の葬儀であれば宗派に関係なく使えます。

葬儀会場の宗派がわからない場合は、「御霊前」より「御香料」と記載する方が無難でしょう。

浄土真宗の場合

浄土真宗は、仏教の中でもその教義の違いから香典の表書きについても特有のマナーがあります。

浄土真宗の表書は「御仏前」と書き、一般的な「御霊前」とは書きません。

 

浄土真宗には、亡くなった方は霊になることなく、ただちに極楽浄土で成仏するという考え方があります。

そのため、他の仏教宗派であれば四十九日以降に使われる「御仏前」ということばを、いち早く葬儀の際に使うことになるのです。

神式葬儀

神式の葬儀でも仏式同様に「御霊前」の表書きが一般的です。

この他、神式の葬儀では

  • 御榊料
  • 御神饌料
  • 御玉串料
  • 玉串料

といった神道特有の表書きも見られます。

キリスト教式

キリスト教には「カトリック」「プロテスタント」などの宗派がありますが、どちらにも共通して

  • 御花代
  • 御花料

と書くことが一般的です。

また、カトリックであれば、仏式・神式の一般的な表書きである「御霊前」を使用することも可能です。

他には、カトリックでは「御ミサ料」、プロテスタントでは「弔慰金」などを表書きとして使用する場合もあります。

香典袋の名前の書き方

香典袋

香典袋の下のスペースには香典を渡す方の名前を記載します。

この名前は、香典を渡す方により記載方法が異なります。

ここでは、渡す方の状況を4つに分け、それぞれの状況にあった名前の記載方法を解説します。

個人で香典を渡す場合

個人で香典を渡す際はフルネームを書き、結婚などで苗字が変わった場合でも、新しい苗字をフルネームで書きます。

ただし、故人が新しい苗字だけでは誰なのかわからないことが想定される場合、新しい苗字の隣にカッコをつけて旧姓を記載すると良いでしょう。

会社を代表して香典を渡す場合

会社を代表して香典を渡す場合、香典袋の下段に右寄せで、

  • 会社名
  • 役職名
  • 名前

の順で書きます。

この際、名前が香典袋の真ん中に来るよう全体のバランスを見ながら記載してください。

代理で香典を渡す場合

代理で香典を渡す場合、依頼主の名前をフルネームで書きます。

そして、奥様が代理の場合はご主人の名前の左下に小さく「内」、その他の方が代理の場合は依頼主の名前の左下に小さく「代」と記載します。

例えば、次のように記載します。

  • ○○○○(内):○○○○が主人名
  • ○○○○(代):△△△△が依頼人名

こうすることで、葬儀主催者は代理出席を理解することができるようになります。

連名で香典を渡す場合

連名で香典を出す場合は、人数により記載方法が異なります。

夫婦の場合

中央に一人の名前をフルネームで記載し、その左隣にもう一人の名前を記載します。

3人の場合

最も目上の方を中央に書き、その左に残りの2人の名前を記載します。

一番目下の方が左端になるようにします。

4人以上

最も目上の方を中央に書き、左下に「外一同」と記載します。

「外一同」だけでは誰が香典を包んでくれたのか葬儀主催者にはわからないため、紙に香典を包んでくれた方の名前を書き、その紙を香典袋に同封します。

まとめ

お花

不幸ごとは予想することができないため、事前に準備できるものではなく誰もが慌ててしまいます。

しかし、だからといって香典袋に記載する数字や表書きを間違ってしまうと、ご自身が恥をかくばかりか、葬儀主催者に対し礼を欠いてしまいます。

 

また、香典とは故人の霊前に供えるものですが、同時に遺族を経済的に支えるという側面もあります。

そのため、故人との生前の関係を考慮して適切な金額を香典として準備しなければなりません。

 

香典に対するマナーを十分に理解していれば、いざというときの備えにつながり慌てることはありません。

そのため、落ち着いた気持ちで故人の最後に立ち会うことができ、遺族に対しても十分な配慮を持った対応ができることでしょう。