相続登記、自分でやれる?誰かに頼んだ方がいい?悩むポイントを徹底解説

不動産
この記事を監修したのは、

 

亡くなった方がお持ちの不動産には、特に手続きを行うことなく住み続けることができます。

しかし、そのまま放置すると後々さまざまな不都合が生じるため、手続きが難しくなってしまいます。

そのような事態を避けるためにご遺族の方が相続登記を行います。

しかし、相続登記には見慣れない書類や役所とのやり取りが多く含まれています。

スムーズに完了するには、作業と調査で多くの時間を費やすことになるでしょう。

かといって手続き代行を依頼しようにも、さまざまな事業者がそれぞれに少しずつ異なる価格やサービスを提供しており、候補を探すだけでも疲れ果ててしまいます……。

この記事では、相続登記手続きの全容と、代行サービスを依頼する際のポイントを整理していきます。

相続登記とは?

相続登記とは、亡くなった方の不動産を生きている方に名義変更する手続きを指します。

登記申請書と呼ばれる申請書に、状況に応じた添付書類をあわせて法務局に提出することで手続きを行うことができます。

添付書類は、主に次のことを証明するために必要となります。

必要書類の役割
  • 故人様が亡くなったこと
  • 故人様と相続人の関係性
  • 故人様が不動産の所有者であること
  • 不動産の価値
  • 関係者が不動産の名義変更に合意したこと

相続手続きについて調べているとよく出てくる「故人様の住民票」や「出生から死亡までの戸籍謄本」は、故人様が亡くなったことや相続人との関係性を証明するために利用できる証明書です。

添付書類についてはこちらの記事で詳細に説明していますので、ぜひ読んでみてください。

相続登記における、添付書類とは?必要書類の一覧、取得にかかる費用、原本還付の手続きなどを徹底解説。

すまいValue

相続登記にかかる費用

電卓と財布

それでは、相続登記にはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか?

かかる費用を、種類別に整理しました。

故人様や相続人に関する書類

故人様や相続人の戸籍謄本などを集めるには、一般的には8,000円前後かかります。

こちらは戸籍謄本や住民票の発行手数料として役所に支払う費用です。また、遠隔地の役所と郵送でやり取りする際は、やり取りするたびに300円前後の追加の出費が発生します。

遺言書による相続では不要な場合がありますが、遺言書を使うこと自体が稀なため、ほとんどの方に必要な出費となるでしょう。

不動産に関する書類

不動産に関する書類を集めるには、一般的には2,000円前後かかります。こちらも、役所に支払う発行手数料です。

具体的には「(不動産)全部事項証明書」や「固定資産評価証明書」、「名寄帳」を集めることになります。

申請自体にかかる費用

登記手続きには税金がかかります。

登録免許税と呼ばれるこの税金は、不動産の価格の0.4%となっています。

こちらは不動産の価格次第で変動するため、相場はありませんが、免税の場合を除き最低1,000円かかります。

相続登記サービスを依頼する費用

ご自身ですべての手続きを行う場合はかかりません。

事業者ごとにさまざまなサービス内容や価格設定が用意されていますが、すべて依頼する場合、サービス手数料として8万円から20万円ほどを請求される場合が多いようです。

合計金額

すべて合わせると、

  • 自分で手続きをした場合:書類の発行手数料10,000円+登録免許税
  • 相続登記サービスを依頼する場合:書類の発行手数料10,000円+サービス手数料80,000円+登録免許税

ほどかかるのが、一般的な費用といえるでしょう。

 

「自分でやる」か「相続登記サービスに依頼する」のどちらが良いか?

天秤

上記の費用を見ると、そんなに差がつくなら自分でやった方が良いと思う方がいらっしゃるかもしれません。

もちろん、状況次第では自分で手続きを終えられる方もいらっしゃいます。

しかし、実際には自分でやろうとしてみたら思っていたよりも状況が複雑で手続きが難航したり、最終的に相続登記サービスに依頼することにする方も多くいらっしゃいます。

では、どんな点を注意しておけば、自分でやれるか判断できるのでしょうか?

これから解説するような点を検討したうえで自分でやれそうかを判断すると、無駄なく時間とお金を活用することができるでしょう。

平日に手続きできるか

相続登記手続きでは、郵便局や役所と何度もやり取りする必要があります。

自分で手続きをするためには、基本的に平日の日中にしか開いていない役所とやり取りをすることができるか、生活リズムを検討する必要があります。

この点を考慮に入れないと、手続きが進まないまま時間が経ってしまう可能性があります。

不動産の近くに住んでいるか

不動産が遠方にあると、必要な書類を郵送で取り寄せることになります。

郵送での書類集めでは、請求書の準備や手数料の支払い方法など面倒な点があります。

また、何か間違いがあるとそのたびに郵送の回数が増えて、時間がかかってしまいます。

不動産の正確な所在地が分かるか

故人様が所有している不動産の正確な所在地がわからない場合、それを調査するための書類を集める必要があり、手間が一つ増えてしまいます。

また、もしも自分の知らない不動産を見逃してしまうと、故人様の名義のままの不動産が残ってしまいます。

故人様の近所に住んでいたか

故人様の住所地や本籍地が遠方の場合、故人様に関する書類の多くを郵送で集めることになります。

上記の「不動産の近くに住んでいるか」と同様に、郵送での書類集めでは面倒な点があります。

故人様は夫(妻)、両親、兄弟など近い続柄か

比較的近い続柄の相続登記は、簡単になる傾向があります。

一方で、祖父母、叔父、伯母などの遠い続柄の方が亡くなった場合の相続手続きは複雑化しやすいです。

また、親族にすでに亡くなっている方がいる場合も、相続する権利が多くの親族に分散するため要注意です。

財産を巡って揉める可能性がないか

「親族の仲が良くない」「強引に取り分を主張する人がいそうだ」といった状態は非常に危険です。

自分で他の関係者を説得することができない場合、弁護士事務所に相談して仲介を依頼しましょう。

すまいValue

相続登記サービスをえらぶ時の注意点

検討した結果、自分でやるには忙しすぎる、または難しすぎると分かった場合、どこに依頼すると良いのでしょうか?

自分に合った依頼先を選ぶためには、サービス内容と価格をよく調べましょう。

サービス内容で比較する

相続登記サービスと一口にいっても、その中にはさまざまな事業者がいて、様々なサービスを展開しています。

検討しているサービスがやってくれることをよくチェックしましょう。

相続登記を完全に任せるためには、少なくとも次の作業が含まれている必要があります。

業者に依頼する際に確認すべき作業項目
  • 家族情報の収集(戸籍謄本や住民票)
  • 不動産情報の収集(登記簿謄本や固定資産評価証明書)
  • 登記申請書の作成
  • 遺産分割協議書の作成
  • 法務局への提出

中には、非常に安価な代わりに戸籍謄本を集めてくれないといったサービス内容のこともあります。

自分の欲しいサービス内容が含まれているか、依頼するサービスがやってくれることを確認しましょう。

価格で比較する

自分に必要なサービス内容が含まれたものを見つけたら、次は価格をチェックしましょう。

こちらも、サービスごとにさまざまなルールが設定されています。

ウェブサイトなどで価格を見る際に気をつけるべき点は次のとおりです。

価格をチェックする際のポイント
  • 相続人の人数に制限がないか
  • 不動産の数に制限がないか
  • 不動産の価格に制限がないか

携帯電話料金のように、一見安く見えても実は非常に厳しい制限がついていることがあります。

特に、不動産の価格は高くても相続登記にかかる手間は変わりません。

価格の高い不動産を相続すると税金の支払いなどで現金の出費が嵩むことが多いため、手続きの料金は安く抑えたいところです。

見積書の読み方

相続登記サービスの中には、1時間前後の打ち合わせの後に見積書を渡されるものもあります。

見積書を読む際には、最終的な価格だけでなく、次の点に注意して読みましょう。

  • 戸籍類の発行手数料の扱い
  • 登録免許税の扱い

役所で住民票や戸籍謄本を発行すると、数百円の発行手数料を役所に支払うことになります。

古い証明書は500円以上することもありますが、この役所に支払う費用は見積書に書かれていますか?

サービスによっては、役所に支払う発行手数料以外に、証明書1通ごとに400円から1,000円ほどの手数料を請求される場合もあります。

その料金が見積書に入っているか、見積書を作成してくれた方に確認を取っておきましょう。

 

また、見積書には登録免許税が含まれますか?

登録免許税は自分で手続きをしても必ずかかる税金です。

一部の免税のケースを除き、どのサービスに依頼しても同じ額かかりるため、もしも見積書に登録免許税が含まれる場合は、この項目を引いた状態で比較しましょう。

そうぞくドットコムでできること

この記事の運営元である「そうぞくドットコム」は、定額制と本人申請による新しい相続登記サービスを提供しています。

見積もりなしの定額制

そうぞくドットコムに見積もりはありません。

お申込頂いた時点で料金は決まっています。

見積もりがないため、見積書に書いていない手数料が後からかかったり、思っていた以上の料金を請求されることはありません。

※稀にご相談頂く非常に複雑なケース(100年前に亡くなった方の相続、土地が100筆ある、など)に対して、別途料金を提示させて頂くことはございます。その場合は必ず事前にご連絡します。

すべては明朗会計のために!証明書収集の実費込み

そうぞくドットコムでは必要書類の収集を代行していますが、他サービスとは異なり、それに係る費用はすべて定額料金に含まれます。

収集する証明書の枚数はお申込時点ではわかりません。

これではお申込前に明確なご利用料金をお伝えできないため、そうぞくドットコムでは必要書類の収集にかかる費用を負担することにしています。

ワンストップで手続き完了

そうぞくドットコムのサービスには、相続登記に必要な作業がすべて含まれています。

お受けする作業を減らして安くするのではなく、わかりやすい価格で必要な作業をすべて行います。

詳しく知りたい方は、無料の資料請求を!

この記事の運営元である「そうぞくドットコム」が提供する、こちらのサービスが気になる方は、無料の資料請求でより詳しい説明を見ることができます。

すまいValue

まとめ

この記事では、相続登記サービスを選ぶ際のポイントを整理してきました。

相続登記でお悩みの方は、ぜひこれらの点を一つひとつ検討して、納得のいく相続手続きを行ってください。

この記事を監修したのは、